懸川高幸(かけがわたかゆき) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

企業再生・成長に必要な変革を、ヒト・モノ・カネ、全ての分野から主導・支援するMBA会計士

懸川 高幸

かけがわ たかゆき

生年月日
1983年5月26日(35歳)
所属企業
スカイマーク株式会社
所属部署
財務経理部 財務課 兼 上場準備室
役職
財務課長
最終学歴
グロービス経営大学院大学 経営学修士(MBA)
出身地
東京都
現住所
東京都
1キャリアサマリー
2008年
有限責任あずさ監査法人のIPOを専門とする事業部へ入所。
様々な規模(売上約60億円~1,600億円)、業種(製造業、陸運業、通信業など)の会計監査、内部統制監査及び上場支援業務に従事。
2012年
事業会社(売上約50億円)へ転職。下記を一例とする管理部門業務を幅広く従事。
①経理:決算、会計システムバージョンアップ対応業務
②財務:資金管理、銀行借入、TMKスキームによる借入
③経営企画:経営理念改定、戦略立案、M&A業務、全社予算策定、リストラクチャリング
④総務:株主総会運営、全社会議の企画運営、ISO監査対応
⑤人事:人事戦略(組織図、等級、評価、報酬制度の改定)、従業員約800名の年末調整業務
2013年
グロービス経営大学院(MBA)へ入学。ヒト・モノ・カネに関する総合的な経営知識を学ぶ。
学友の起業を支援し、同大学院主催のビジネスコンテストへ出場。大賞を受賞し500万円の資金調達に成功。
2014年
本業の再生が一段落し、営業赤字を2年で黒字化へ転換。
プロボノとして、友人(二代目事業承継者)の会社を支援し、6か月間で売上10%以上を新規創出。
2015年
スカイマーク株式会社(売上約800億円)へ転職。民事再生終結後、下記を一例とするより専門性を高める業務に従事。
①財務管理業務(資金繰り管理、数百億円規模の為替・燃油デリバティブ取引)
②管理会計業務(全社予算策定、管理会計制度導入、月次予実管理体制構築)
③財務会計業務(日次経理処理、決算業務、会計システム入替、監査法人対応)
④上場準備業務(証券会社対応など)

性格診断テストで発見!
この会計士のタイプは?

アナリストタイプ
内向的
臨機応変型
大局タイプ
個人主義
伝統型
外向的
計画管理型
こだわりタイプ
集団主義
革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
勉強熱心で、慣習を守る傾向にある。
計画的に物事を進めることができ、堅実に仕事と向き合うことができる。
協調性が高く、自分のこだわりを優先したり、常識を逸脱した行動をとったりすることはあまりない。
またストレスや不安を感じることがあっても落ち着いて対処できるため、周囲からは冷静な印象を持たれることが多い。
しかしその反面、どちらかというと内向的で、他者と積極的にコミュニケーションをとることは少ない傾向にある。
このタイプの会計士は回答者全体で、
2.4%います。
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

有限責任あずさ監査法人ではIPOを専門とする事業部に所属し、規模(売上約60億円~1,600億円)、業種(製造業、陸運業、通信業など)共に様々な企業の会計監査、内部統制監査及び非上場会社向けの上場支援業務に従事しました。積極的に手を挙げ、深夜・土日も仕事を行ったことで損益計算書、貸借対照表の項目を一通り経験すると共に、規模の異なる会社(単独会社・連結会社・非上場会社・上場会社など)の監査経験などを得ました。

当時はリーマンショックの影響で日本経済全体が低迷していた時期で、私の担当クライアントも四半期ごとに業績が低下していました。監査業務は企業経営に直接関わるわけではなく、悪化していく会社業績を救うことが出来ないことに歯がゆさを感じるようになっていきました。私は大学時代に事業会社でアルバイトした経験があったこともあり、いつかは企業経営に関わり利益創出に貢献したいという思いはありましたが、監査業務に従事していく中で日に日にその思いが強くなっていき一般事業会社へのキャリアチェンジを考えるようになりました。その後、29歳の時に、プレーヤーとして最低限の業務項目を一通り経験したことから一般事業会社への転職を行いました。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

スカイマーク株式会社は、羽田空港を主軸に、国内線に特化した売上約800億円の航空会社です。以前は東証1部上場企業でしたが、2015年に倒産・民事再生法を適用。佐山展生氏率いるインテグラル株式会社などから出資を受け入れ民事再生手続きを開始し、無事、2016年3月に手続きを完了しました。私は当該状況の中、財務課長及び上場準備室を兼務し下記を一例とする業務に従事しています。
①財務管理業務(資金繰り管理、数百億円規模の為替・燃油デリバティブ取引)
②管理会計業務(全社予算策定、管理会計制度導入、月次予実管理体制構築)
③財務会計業務(日次経理処理、決算業務、会計システム入替、監査法人対応)
④上場準備業務(証券会社対応など)

スカイマークは企業再生及び株式上場を目指す会社です。その業務の特徴は、私自身が会社内部から企業再生及び再生後の成長に向けた大幅な変革、上場準備業務に従事していることです。再生、成長を行うには、従前の良い部分を残しつつ悪い部分を改善していく必要があります。その際、ハード部分(戦略、組織構造、システム・制度)だけを変えてもソフト部分(共通の価値観・理念、経営スタイル・社風、人材、スキル・能力)が変わらなければ成果は挙がりません。そして、ハードとソフトを同時に改善していくためには多くの関係者を巻き込む必要があります。この変革の要諦は、知識としてはMBAで学ぶことは出来ますが、実際の実務で経験する機会はそう多くないため私にとって大きな経験値となっています。

1 2 3