竹ケ原圭吾(たけがはらけいご) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介
会計士の履歴書 > 履歴書一覧 > 竹ケ原 圭吾

コインチェック株式会社

経理財務部

執行役員

竹ケ原 圭吾 たけがはら けいご

社会的なインパクトがある事業に専門家ということに囚われず関わっていきたい
リーダータイプ
リーダータイプ

1990年7月30日生まれ(31歳)
青森県出身 ・ 東京都在住
埼玉大学 経済学部経営学科 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

人生の目的について、そこまで深く考えたことはないが、自分に関わる人に何らかプラスの影響を与えることだと思う。それ自体は人生の目的と意識していなくとも、例えば小さい頃から持っている、家族や友人を喜ばせたいとか笑わせたいという気持ちと同じであり、自分だけ特別ということでもないだろう。ただ、年を重ねる度、あるいは人生のステージが変わる度にその範囲が広くなってきているとは思う。今は家族・友人に加えて、仕事を通して、社内で働く人、業界で働く人、そしてサービスのユーザーが豊かになれば良いと思っている。ただしその範囲は感覚的に国内の視点になっているので、いずれはグローバルの視点で考えられるようになりたいと思う。また当然ながら、その質も磨いていきたい。

冒頭に記載の通り、簿記にハマった延長線上で会計士の資格をとったが、監査人として資本市場に関係する仕事をすることで、目線はより広くかつ具体的になった。様々な事業を業務レベルから戦略レベルまで見たことで、解像度が格段に上がり、また監査自体は公共性が高いサービスのため、社会や政府の視点も多少は持つことができたと思う。
会計士という資格は漠然とした人生の目的をより大きく具体的なものにしてくれたと思う。また、信用力の担保として相手方の与信判断のコストを低下させてくれるので、何かと得することもある。

しかしながら、会計士という資格があることのデメリットも自戒の意味も込めて強調しておきたい。
まずは自分自身の問題として、資格があることにより、それにしがみついた思考をしてしまうことである。とりあえず数字で事象を捉えてみたり、システム開発や人事は専門外、と決めつけてしまったり。人生は一度きりしかないにも関わらず、若いうちにレールを敷いてしまうのは勿体ない。
そして、周囲の人々からも世間一般の会計士というステレオタイプを通して見られることになる。世間一般の会計士のイメージは、数字に強い(あるいは細かい)、真面目(あるいは硬い)、合理主義(あるいは情理を理解しない)等々、良い意味も悪い意味も持つ。事業会社でいきなり会計士に次はマーケティングもやってください、とはなり辛いだろう。しかし実のところ、デジタルマーケティングの手法は、監査の分析的手続によく似ているところもあるため、案外親和性は高くそこでパフォーマンスを発揮できるかも知れない。周囲がバイアスを持つことによって知らず知らずのうちに、機会を逸している可能性は否定できない。

これらのバイアスが常にあることを意識して、資格に囚われずに生きて行きたいと思う。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

社会的なインパクトがある事業に専門家ということに囚われず関わっていきたい。
自分の性格的には、異なるスキルを持った人たちと一緒に働くことが好きなので、独立して個人で自由に、という風にはならないと思うが、正直3年先のことは予想できない。
将来成し遂げたいことや夢を持つことよりも、どちらかと言えば現時点の状態に満足しているか、を重視している。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

「会計士の履歴書」を書くに当たって、普段は考えることが少ない、自分の今までのこととこれからのこと、そしてそこに会計士という資格がどう関わっているのかを棚卸しすることができた。思いの外時間がかかったものの、言語化するからこそ初めて気付くことも多い。
あなただったら「会計士の履歴書」に何を書くだろうか。
そして、キャリアを模索する人、受験生に何をアドバイスするだろうか。

自分はこういうアドバイスで具体的なことを書くのが苦手なため、ここは故・ジャニー喜多川氏の言葉を借りて締めたいと思う。「YOUやっちゃいなよ」

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。

会員登録ページはこちら