匿名 | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

プルデンシャル生命保険株式会社 東京東支社

営業

シニア・ライフプランナー

匿名

口下手でも高い契約実績。丁寧かつ誠実な説明と数字感覚を生かして生命保険会社の営業職として活躍中
秘書 タイプ
秘書 タイプ

1986年11月22日生まれ(34歳)
東京都出身 ・ 東京都在住
早稲田大学 社会科学部 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

人生の目的は非常にシンプルで“幸せに生きること”です。そして、その目的を達するまでの道のりでは“自分の周りの人の笑顔”を見ていたいと思っており、そのための手段が“コミュニケーション”と“お金に関するアドバイス”だと考えています。公認会計士という資格は、このお金に関するアドバイスをするにあたって、“あると便利な肩書き”といったところです。公認会計士という資格それ自体というよりも、この資格により得ることができた知識や経験、そして人間関係が、何よりの財産となっています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

より多くの方や、より多くの企業に、「川﨑さんと出会えてよかった」と言ってもらえるような仕事をしていきたいです。最終的には、生命保険の営業職という仕事や、公認会計士という資格のイメージが、自分を通してより良いものになっていればとても嬉しいです。また、今まではB to Cのビジネスを中心に活動をしてきたため、これからはもっとB to Bのビジネス領域へシフトをしていきたいと思っています。そこで、より大きな仕事を自分の責任の基でやり切ることにより、ビジネスマンとしての盤石な土台を作り上げたいと思っています。

将来的には、営業とお金を中心として、様々な視点から物事を思考することができるようになり、日々目まぐるしく過ぎていく日常を、より楽しく過ごすことができれば本望だと思っています。まだまだ自分自身の知的好奇心は満たされておらず、自分自身の人間力にも納得をしていないため、できることから日々改善を行っていこうと思っています。その道中で、私を必要としてくれる人がいて、手を差し伸べることができたら最高です。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

資格を得ることは、あくまで手段であって目的ではありません。資格をお持ちの方も、これから目指される方も、まずは“本来の自分はどのように生きていきたいのか”、今わかる範囲で良いので限界まで考え抜く機会をお持ちになっていただきたいです。これ以上無理だというところまでやり込めば、そこから先は人生を迷うことはないと思います。また、その際には、是非ご自分の周りの方々全員に、「なぜ自分という人間と関わってくれるのか」「時間を割いてくれるのか」「一緒にいてくれるのか」「自分の良いところは何か」など、恥じらいを捨てて直接聞いてみることをお勧めします。自分が見ている自分と、人が見ている自分の間に、想像以上のギャップがあることに気づくと思います。自分自身では大したことではないと思っていることが、周りの人たちにとっては素晴らしく価値のあることだと捉えられているかもしれません。そのようにして、自分の正確な現在地を知ったうえで前進をしていただくことが、結果として一番の近道になるかと思います。行きたい方向が明確に定まっていれば、どんなに辛いことがあったとしても、自分や自分の周りの人たちを信じて頑張ることができると思います。
皆様のこれからの人生がより良いものになることを心よりお祈りしています。

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。

会員登録ページはこちら