早坂太一(はやさかたいち) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

iYell株式会社

管理本部

取締役CFO

早坂 太一 はやさか たいち

自身の経験や人脈を使って次世代のベンチャー企業を育てるような仕事をしたい
秘書 タイプ
秘書 タイプ

1984年7月7日生まれ(39歳)
東京都出身 ・ 東京都在住
明治大学商学部商学科 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

アドバイザー×インベスター×オペレーターという3者の立場を経験し、それぞれのスキルの習得に加え、少なからずそれぞれの気持ちが理解できていることですかね。監査法人時代に培ったアドバイザーとしての基礎スキルや専門スキル、ファンド時代に培ったインベスターとしてのファイナンススキルや取締役として事業経営に身を置いた経験、そして今はベンチャー企業のCFOという立場からオペレーターとして資金調達や組織経営に従事し、企業価値最大化に努めています。
ベンチャー経営は不測の事態が本当にたくさん起きます。教科書には載っていない、答えのない問いに日々直面しています。そんな時に自分を、そして会社を助けてくれるのは、今の会社の仲間はもちろんですが、今までの職場で出会ってきた仲間であったり、今まで積み重ねてきた経験であったりします。こういった軸が自分の中にあり、その強みを存分に活かすことができているのではないかなと思っています。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

「何をやるかではなく、誰とやるか。」iYellの社長の信念です。この信念に出会った時、心から共感し、心が動かされましたね。
iYellでは基本的にスキルは重要視していません。バリューという共通の価値観を採用軸・評価軸に置き、会社が向いている方向と、社員が向いている方向を限りになく一致させるための経営手法をとっています。これを実現するには、多大なる時間と労力が必要です。他の会社よりも、事業に割く時間を犠牲にしてでも、会社の文化形成や浸透に力を入れ続けています。当然、事業も全力でやっていますので、事業も全力、文化も全力、2倍の労力が必要なんです。
それでも、この信念の先に成し遂げる世界を見たいと思っているので、2倍頑張ります(笑)。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

ファンドに転職したばかりの時のマインドチェンジですかね。アドバイザーであればクライアントのニーズに全力を尽くすというのが基本的なスタンスでした。インベスターの場合は、投資先の企業価値を最大化させて初めてリターンが出るため、ファンドの利益のために全力を尽くします。生の事業投資であるため、その業務範囲が一気に広がりました。その広すぎる業務範囲に適合するのに最初は苦労しました。投資意思決定や事業における判断の場面では、様々な利害関係者がそれぞれの思惑がある中で、様々な角度から異なる意見が飛び交います。あらゆる場面において何が本質的に正しい選択なのかを常に考えさせられました。
この時、アドバイザーであった時のマインドを変えることで様々な困難を乗り越えましたね。具体的には、「何でも自分でやろうとせずに、人の力を借りること」「常に広い視野を持って考え行動すること」でした。これらの経験が自分の視野を一気に広げてくれて、成長できるきっかけになりました。そして、困った時にはあらゆる専門家や仲間を頼ることにし、逆に困っている仲間がいれば何でも力になるようにしてきました。
今のベンチャー企業経営においてもすごく役に立っていますね。

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。