山本健太郎(やまもとけんたろう) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介
会計士の履歴書 > 履歴書一覧 > 山本 健太郎

株式会社SoVa

代表取締役CEO

山本 健太郎 やまもと けんたろう

-想像から創造へ-誰もやらないことにこそチャンスがある。設立時からベンチャーにジョインした若きCFO
起業家タイプ
起業家タイプ

1994年1月11日生まれ(27歳)
東京都出身 ・ 東京都在住
慶應義塾大学 商学部商学科 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

私はしばしば,自分が会計士としてどのように生きたいかということについて考えることがある。これは,公認会計士として何をするか,どんな仕事をするかということではなく,どう生きたいか,という生き方の選択である。この生き方という視点で考えた時,私が大切にしたいのは、「自分がいる世界といない世界を比べた時に、いる世界の方が幸せな人の数が多く、その度合いが深いこと」ということである。人生の目的などまだ分からないし,何をしたいかも明確には決まっていない。ただ,この自分の中での価値観については,なかなか変わることはないだろうし,それに従ってこれからも生きていきたいと思う。

よく言われることだが,私にとって公認会計士という資格はチャレンジして失敗したときに最後に自分を救ってくれるセーフティーネットだと思っている。今までもそしてこれからも,色々と新しいことにチャレンジしていくと思うが,それができるのは,自分に公認会計士という後ろ盾があるからだと思う。そしてこの後ろ盾となってくれているこの資格に心の底から感謝しているし,これからも公認会計士業界のために色々と行っていきたいと思っている。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

これから成し遂げたいことや夢に関しては,今はあまりに多く絞ることができない。教育分野であれば,日本一分かりやすく,楽しく会計を教えられる存在になりたいというのがあるし,スタートアップ分野であれば,経営者の良き参謀としてバックオフィスはもちろんのこと,経営戦略や事業戦略を共に考えられる存在になりたいというのもあるし,小さい頃からの夢であるように,海外で活躍したいというのもある。今は,自分の中にある夢を一つずつ達成していったら,何回人生を送らないといけないんだろう・・・という状態であり,現時点では,1つの大きな目標は置いていない。その代わり,前述のように教育やスタートアップといった形で分野毎のテーマは持っていて,そのテーマを基に意思決定などは行うようにしている。そして,また時間軸という面でも,毎年年初にその年のテーマは決めている。この分野別とその年ごとのテーマを複合させながら,私は将来の道筋を決めている。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

監査業務すらろくにやっていない私のような若造が,上から目線に他の会計士の方々にアドバイスできるようなことはほとんどないのだが,1つ言えるとしたら「なぜ会計士になったのか」という問に立ち返ってみて欲しいということだ。会計士になるには,短答式と論文式という非常に難しい試験を突破せねばならず,ほとんどの人は何年も予備校に通い,努力をしたのだと思う。きっと,その時には,「会計士になったらこれをしよう!」という熱い想いがあったのではないだろうか。

私が会計士になった理由は,会計士になればある程度の年収は担保されるし,私の合格当時は売り手市場だったため,いざとなれば働き口はあるんだから好き勝手チャレンジできると思ったからだった。私は21歳の時に論文式試験に合格したが,当時の合格者平均年齢は26歳だった。それを知り,とりあえずは26歳まで思うようにチャレンジしよう!後先や損得,限界なんてことは考えず,好きなようにやろう!そして,もし26歳になった時に何もできておらず何も残らなかったら,頭を下げて監査法人にいこう,それでも平均年齢なのだからと考えていた。これからどうなるか全く分からないが,とりあえずあと2年は夢中で走って行こうと思う。

あと,1つ思うのは会計士の方々は「頭が良すぎる」ということだ。自分が実務としてCFOをやってみたい!と思って,そのことを周りの会計士の方々に話したとき,多くの方は「CFOなんて経験豊富な人にしか務まらない」と言われた。しかし,私は自分が本当にCFOをやりたいんだったら,とりあえずやってみればいいと思う。いくら事前勉強と称して,本を読んだり,事業会社のスタッフとして経験を積んだりしたって,それは実際にCFOをしている人が得られる経験にはとうに及ばない。スキルなんていうのは,その気になれば,本やネットからもたくさん得られるし,本当に分からなかったら詳しそうな人に聞けばいい。自分がやりたい!挑戦したい!というものがあるなら,「そのための準備・・・」なんて頭の良いことはせず,とりあえず飛び込んでみるがいいと思う。

時間は有限なのだから,周りの人が言う言葉に流されている暇はない。自分の信じる道を突き進んで欲しい。

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。

会員登録ページはこちら