永井義直(ながいよしなお) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

ベトナム発。海外×コンサルティング×教育×ITでオンリーワン!

永井 義直

ながい よしなお

生年月日
1981年9月16日(36歳)
所属企業
株式会社マナボックス
所属部署
役職
代表取締役
最終学歴
明治大学 商学部 卒業
出身地
東京都
現住所
東京都
1キャリアサマリー
2004年
明治大学商学部卒
2006年
公認会計士試験合格
みすず監査法人・あらた監査法人にて主に製造会社のアドバイザリー、監査に従事
2010年
ベトナム日系コンサルティング会社I-GLOCALにてベトナムに在住し、日系企業を支援
2014年
株式会社マナボックス創業
2015年
マナボックスベトナムをハノイに設立
2018年
ホーチミンに合弁でグループ会社設立
現在
東京を拠点に日系企業のベトナム進出やM&A、進出後の会計税務、法務、内部監査、経営管理などのコンサルティングを実施。また、ベトナム人の経理財務教育の向上のため、経理実務テスト『kip』の開発販売や研修トレーニング、e-Lerning,オンライン自習サービス『GONNA PASS』を開発販売している。また、日系企業の海外子会社管理の問題点を解決すべく多言語クラウド業務管理サービス『Knowledge Box』を開発販売している。

ベトナム会社HP
http://knowledgebox-japan.com/
ベトナム人向け自習オンラインサービス「GONNA PASS」
http://gonnapass.com/
多言語クラウド業務管理サービス「Knowledge Box」
http://knowledgebox-japan.com/about/
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

ダメダメスタッフでしたね(笑)。今でも当時のことを思い出すと、恥ずかしく穴が入ったら入りたい気分です。もしこの記事を当時の諸先輩方が見ていたら「当時は申し訳ございませんでした」と改めて謝りたいですね。若かったです。すみません。

簡単に私の監査法人時代のお話しをすると、2006年に25才の時にみすず監査法人に入りました。しかし、入所して2、3ヶ月で例の“解散”があり、その後あらた監査法人へ移りました。私が担当したクライアントはほとんどがメーカーでした。ちょうどJ-SOXが始まる前後だったので、業務内容としては半分くらい内部統制関連の業務をやっていたような気がします。

監査業務についてはどうだったか?私はどうしても「納得しないと身体が動いてくれない」「“前期調書通りやるのが嫌だ、オリジナリティを出したい」「なんとかキーコントロールを減らせないか?」「どうやったら論理的に手続を減らせるか」いつもそんなことばかり考えていました。とはいっても結局はスタッフとして経験が浅く、理論不足で、手続不足。結局は主査とマネージャーが尻拭い……最悪ですね、本当に反省してます。でも多くの先輩方はそんな私に付き合っていただき、よくホワイトボードを使って私が納得するまで教えてくれました。その教えは今でも私のビジネスマンとしての土台になっています。

そうはいっても、元々監査に向いているタイプではなかったので、ずっと監査に携わり続けるという選択肢はなく、2年半で監査法人でのキャリアは終わりにしました。同期の中でも退職はかなり早い方でした。まだ27歳とか28歳と若かったので、退職すると決めた時もその後については深く考えていませんでした。19歳から6年間も会計士試験の資格勉強をして、合格したらすぐに監査業務をやり……。当時はちょっと気持ち的に疲れていたので、とりあえずリフレッシュしたい、であれば海外だ、と思いアメリカに行きました。これがきっかけで、その後はフィリピンに行き、ベトナムで働くことになり、海外で起業することにつながっています。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

私は2010年から2018年までは完全にベトナム常駐だったのですが、最近やっと東京に戻ってこれました。東京はとても新鮮ですね。とても楽しいですね。日本のことは完全に浦島太郎状態なので今は色々な方とお会いしています。今現在の仕事としては、マナボックスグループの代表として東京を拠点に活動しています。ハノイ子会社、ホーチミングループ会社の統括と、ベトナムビジネスのマーケティング、コンサルティングなどですね。ベトナム現地には優秀な日本人会計士がいるので現地運営はお任せしています。日本側では最近はクロスボーダーのM&Aや海外進出、内部監査などの本社向けのコンサルティングも増えてます。

また、空いた時間で新規サービスの企画開発をしています。ここは創業者の私しかできない部分だと思っています。まだまだ会社としてはコンサルティングがベースとなっていますが、今後はなんとか別の軸となる自社“サービス”を持ちたいと思っています。ですが、こちらは大変で……、今のところ連敗中ですね(笑)。ですが、失敗する度に徐々に成功に近づいている気がしてます。楽観的に挑戦しつづけたいです。

1 2 3