畠中貴司(はたけなかたかし) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任 あずさ監査法人

アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部

ディレクター

畠中 貴司 はたけなか たかし

監査法人には自分が目指す姿に合わせて様々な経験を積める環境やキャリアパスが用意されている

30代
兵庫県出身 ・ 東京都在住
一橋大学 商学部 卒業

この会計士が働く
監査法人を詳しくみる
7人生の目的と公認会計士という資格

正直、人生の目的といったものは特に持っていませんが、「プライベートも仕事も楽しく」というのが自分のモットーです。その意味では、監査法人に所属しているということは、周囲の人達の能力が高く、向上心が強いといった点で、楽しく仕事ができる環境であると思いますし、実際に私も上司、同僚に恵まれてきたと思います。
また、仕事を通じて様々な企業や人に出会えるのは、監査法人に所属している公認会計士の醍醐味であり、とても刺激的であると感じています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

将来の夢と言えるほどのものもありません。これからも魅力的な先輩・同僚と楽しく仕事をしながら、家族との時間も大事に過ごしたいと思っています。
業務面では、現在の経営管理の領域でさらに経験を積み、クライアント、CFOからより信頼されるコンサルタントになるべく奮闘していきます。その結果として、現在の事業部で、より責任のある仕事が任されるようになればと思っています。
一方で、監査法人は、今後も法令規制の変更やAI・ロボティクスなどのテクノロジーの進展などによって、その業務が大きく変わっていくものと思います。私は法人の中でも多様なキャリアを歩んだ経験を活かして、監査法人の変革期を牽引できるメンバーでありたいと考えています。
プライベートでは、もう一度ゴルフに夢中になりたいという野望がありますが、きちんと子育てが終わってからと思っています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

会計士という職業を活かして、貪欲に吸収しましょう。それが自分の将来に必ず役に立ちます。

監査法人で働く会計士のメリットは、多くの企業を実際に見ることができることや、企業のマネジメント層に比較的早いうちに会うことができることです。

監査法人で数年過ごすうちに「監査が合わない、やりがいを見つけづらい」と感じ始める人も実際にはいます。確かに監査手続として書類のチェックばかりではつまらないかもしれませんが、監査を通じて様々な企業のビジネスや経営管理の手法に触れることができることは、監査人として働くことの大きな利点です。
私自身、クライアントのことをとても深く見て、理解しているつもりでしたが、それでもアドバイザリー部門に所属している今は「あのときもっと○○を詳しく見せてもらっておけば良かった」と思うことが多々あります。
日々の業務に忙殺されてしまうことは仕方がないことですが、その中でも心にゆとりを持って、自分の興味のある部分をクライアントに聞いてみる、(クライアントに迷惑をかけないように)資料を依頼してみるというぐらいの余裕を持って仕事ができると良いと思います。

将来、監査を続ける、アドバイザリーに飛び込む、事業会社に転身する、どの場合でもその経験や知識は必ず役に立ちます。月並みですが、自分自身の反省を込めて書いてみました。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら
この会計士が働く
監査法人を詳しくみる