原井義昭(はらいよしあき) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

多くの人を喜ばせ、自分自身も楽しんで生きる。好奇心と柔軟な発想で挑戦する上場企業のCFO

原井 義昭

はらい よしあき

生年月日
1988年9月28日(30歳)
所属企業
株式会社コロプラ
所属部署
役職
取締役CFO
最終学歴
早稲田大学 政治経済学部 経済学科 卒業
出身地
東京都
現住所
東京都
1キャリアサマリー
2009年
公認会計士試験合格
2010年
有限責任監査法人トーマツ非常勤スタッフ
2011年
早稲田大学卒業
有限責任監査法人トーマツ入所
トータルサービス一部にてベンチャー・中堅企業の株式公開支援業務、上場企業の会計監査業務に従事
2015年
株式会社コロプラ入社
2018年
当社取締役CFO就任(現任)

大学進学時に景気や時代背景などによって人生が左右されることに疑問を感じ、自ら人生を切り開きたいと思い会計士を目指す。大学で経済を専攻しながら専門学校に通い、大学3年時に公認会計士試験に合格。
非常勤スタッフを経て、2011年に有限責任監査法人トーマツに入所し、ベンチャー・中堅企業の株式公開支援業務、上場企業の会計監査業務に従事。
約4年間の監査法人勤務を経て、2015年に東証一部上場企業の株式会社コロプラに入社。
現在取締役CFOとして経営企画・広報・IR・経理財務部門を管掌。

性格診断テストで発見!
この会計士のタイプは?

プロデューサータイプ
内向的
臨機応変型
大局タイプ
個人主義
伝統型
外向的
計画管理型
こだわりタイプ
集団主義
革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
強い集中力を持ち、まっすぐに仕事と向き合うことができる。
また協調性があるため周囲と力をあわせ物事を進めることが得意。
相手の意見を尊重するため、新しい考えを肯定的に受け止めたり、好奇心を持って人の話に耳を傾けたりすることができる。
自己主張は決して強くないため、積極的に他者とコミュニケーションをとることは少ない。
冷静に状況を分析して、場に即した適切な言動をとることができる。
このタイプの会計士は回答者全体で、
1.2%います。
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

最初のキャリアのきっかけは大学3年時に参加した有限責任監査法人トーマツの会社説明会でした。
 会計士試験の勉強を通して、会計よりも事業経営そのものに興味を強く感じていました。そのため「まず2年間監査法人で実務経験を積んで早く公認会計士登録をしよう。その後、転職し経営に携わる仕事をしよう」と考え、できるだけ早く成長できる環境を探していました。

トーマツの説明会でパートナーのお話を伺い、「仕事はハードだが、上場という大きな目標を達成したクライアントから“ありがとう!”と感謝される」「クライアントと密に接することができ、早く企業全体を俯瞰できる」トータルサービス一部(※ベンチャー・中堅企業を主なクライアントとし、株式公開支援業務と監査を行う部署)の存在を知りました。活き活きと部署の魅力を語るパートナーの方の姿を見て、「大変そうだけど、成長できそう。なにより、楽しく働いている人が多そうだ!」とトーマツのトータルサービス一部で働くことを決意しました。

実際に働きはじめると想像した通りでした。トータルサービス一部は監査を通じてクライアントへ付加価値を提供しようという気概をもった、魅力的な人で溢れていていました。監査を通じ発見した課題と改善提案を「マネジメントレター」とよばれる成果物にまとめ、経営陣に報告する機会が1年目からありました。日々の監査業務は決して派手ではない地味な作業でしたが、「マネジメントレター」に自分が貢献したいという意識から、常に会社の課題に関して仮説を立てて考えるようにしていました。今考えると恥ずかしくなるような未熟な部分もたくさんありましたが、どうにか自分の付加価値をつけられないかとあがいていた経験が今のキャリアにも活きているように思います。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

上場まで携われたクライアントができるなど大変恵まれた環境でしたが、私の場合は結婚と育児が転機となりました。家族が増えたことで改めて自分のキャリアを見つめなおし、第三者としてではなく我が事感をもって事業や経営に携わる仕事がしたいと考え、ご縁を頂いた会社の中で最も魅力的だったコロプラへの転職を決意しました。

転職後はM&Aやグループガバナンスの構築等に従事し、現在はCFOとして経営に携わり、経営企画・広報・IR・経理財務部門を管掌しています。社内外の方々とコミュニケーションを積極的に取り、協力しながら会社をより良くすることに挑戦しています。

事業会社に転職してからの業務は経験のないことばかりでした。ゼロから学び、教えを請い、周囲の方々に協力してもらいながら、一つひとつ課題を解決してきました。

人々が同じ目的に向かって結束したときのパワー、インパクトは想像以上に力強く、その中で事業に携われるのが事業会社の醍醐味だなと感じます。そのパワー、インパクトを大きくしていくことで、ユーザー様・社員・取引先・株主などより多くの人を喜ばせることができるよう精進していきたいと思っています。

1 2 3