中村友香(なかむらゆか) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

株式会社ジーリーメディアグループ

取締役

中村 友香 なかむら ゆか

たった一度の人生を思う存分味わい尽くす。自分のUSPを作り、打ち出していくことが自分らしい生き方に繋がる
チームビルダータイプ
チームビルダータイプ

30代
神奈川県出身 ・ 東京都在住
慶應義塾大学 商学部 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

「自分の人生を楽しむ」ことが自分の中での指針です。
楽しいことをするためには、ある程度のお金・健康・人間関係、仕事の充実感、時間が必要です。
会計士の資格があることによって、お金の面でも時間の面でも自由度は高まり、自分の人生の目的に早く到達できると思います。パラレルキャリアという言葉もありますが、
理論的に考えられる会計士としての強みに加えて、自分の他の強みを融合させれば、できることの幅が広がると思います。

今後、AIの活用が叫ばれている中で、よりパーソナルな部分がクローズされてきています。
調べてわかることは、進んでAIに任せれば良いと思います。ただし、経験から生まれる「知恵」や、その「知恵」を複合的に考えて、有機的に結合させて解を導くということは人間にしかできません。
経営は毎日が決断の連続です。決断や、「知恵」を合わせて複合的に考えることは人間にしかできないものです。
自分の経験、接した人全てが知恵の源になります。
経験が多ければ多いほど知恵が生まれ、自分自身の資源になります。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

自分だけが楽しむ人生ではなく、全員が自分の人生を楽しめるような世の中を創りたいです。ムダ・ムリ・ムラを楽しむためにもポジティブな精神で健全に考えられる人を増やしていきたいです。理論的に考える部分と、感性で考える部分のバランスを取り、知恵を出し合うためには、マイナスの感情を除外して、フラットな状態を保つことも重要です。

ヨガのインストラクターの資格も取得しましたが、全員が自ら健康で豊かな精神状態を整えられることも、成長に必要だと感じています。
現在のジーリーメディアグループでも、協業・アライアンスのメリットを把握して、知恵を出し合いながら、成長していきたいと考えています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

何かに依存するのではなく、自分の力・経験を蓄えて、自分のUSPを作ることが必要です。自分自身をどのようにプロデュースして、ブランディングをするか、今後の会計士は考える必要があるのではないでしょうか。
会計という一つの強みがあるからこそ、収入の有無に関わらず、自分の興味のある分野にチャレンジしやすいと思います。自分の興味があることがあれば、年収が一時的に下がったとしても、挑戦することによって新しい可能性が見つかるかもしれません。

1 2 3