小林美咲(こばやしみさき) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任監査法人トーマツ

監査・保証事業本部 パブリックセクター・ヘルスケア事業部(以下PSHC事業部と記載)

マネジャー

小林 美咲 こばやしみさき

「まずはやってみる」の精神で頑張っていきたい
和尚さんタイプ
和尚さんタイプ

1987年1月4日生まれ(34歳)
東京都出身 ・ 東京都在住
中央大学 商学部 会計学科卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

私は手に職を付けるために公認会計士になりました。手に職を付けたかった理由は結婚、出産、離婚などの重要なライフイベントが起きたときに自分の中に武器があれば戦っていけると思ったからです。公認会計士という資格は私にとって非常に心強い武器となりました。人生の目的というと大げさですが、私はこの武器をもって自分だけでなく、クライアント、チーム、家族など周囲の方々の力になれると思っています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

私はこれまで色々な業務を経験させていただきましたが、これらは先輩たちが種まきをしてくれた結果です。そのため、私も次世代の後輩たちのために色々な種まきをしたいと思っています。具体的には、これまで事業部がやってこなかった分野の業務を開拓したり、まだ少数の人しかできない業務を標準化、定型化し事業部内の職員であれば誰でもできる業務にすることで事業規模を拡大することや、制約のある働き方で得た知見を共有することで、より多様性のある働き方を提案したり、リクルート活動で受験生に魅力を伝えたりといった仕事をしたいと考えています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

女性でも男性でも、人生100年時代には変幻自在な武器が必要だと考えています。公認会計士という資格は入り口こそ一つですが、出口は千差万別で活躍できる舞台は無数にあります。私の所属するPSHC事業部の同期だけでも全員違うキャリアを歩んでいます。だからこそ、公認会計士という資格の他にもう一つ自分の専門性を持つ必要があると考えています。会計士+α、+βとどんどん武器を足していくことで自分だけの強い武器を作っていくことができます。そのためにはまず手を動かしてみる、やってみることが一番です。そうしてたくさんの人たちと触れ合い経験することで、気が付くと自分の方向性が定まっていると思います。私もまだ自分の道を模索中ですが、「まずはやってみる」の精神で頑張っていきたいと思っています。

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。

会員登録ページはこちら