波多野佐知子(はたのさちこ) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介
会計士の履歴書 > 履歴書一覧 > 波多野 佐知子

株式会社じげん

経営管理部

部長

波多野 佐知子 はたの さちこ

未経験分野や困難な事態に直面した時でも臆せず立ち向かい楽しむ強さをもつ
編集者タイプ
編集者タイプ

30代
愛知県出身 ・ 非公開在住
名古屋大学経済学部 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

人生の目的、といえるほど立派なものはありませんが、いつも自由でいたいと漠然と思っています。制約があることや拘束感が苦手な私にとって、公認会計士という資格は、自分らしく生きていくための武器のようなものだと思っています。経済的自立の手段であり、他者への依存度を弱めることができるため、自分に自信を持つ心の安定剤とも言えるかもしれません。逆説的ですが、会計士の資格を持っていることで、食いっぱぐれることはないし、他に挑戦して仮にダメでも、会計に戻れば良いと思えることで、会計以外の色々なことに興味を持ち、挑戦しようという気持ちを持てるのだと思います。また、それ故に自分の気持ちを開放して生きていきやすくなっていると思います。矛盾するようですが、プライベートでは、会計士であることは自分からはあまり積極的には開示していません。初対面の人なんかには職業を聞かれても、「事務とか経理とか」という形で答えたり。このメディアに出ていることで、バレバレですが(笑)隠しているわけでもありません。プライベートでは、資格の枠を外し、個を大事にする方が自由を感じられるためです。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

実は将来成し遂げたいことを考えるのが苦手です。自分でやるべきことが多い場所に身を置いて、何とかする、ということは得意ですが、自分でやるべきことを設定するのが不得意だと感じています。通っているグロービス経営大学大学院では、「志」の醸成を大事にしており、必須の科目も複数あります。考えるステップとしては、「自己分析」を徹底的に行い、クラスメイトとディスカッションし、将来成し遂げたいことをクリアにしていくのですが、自己分析はできても、将来に繋げるのが難しいです。私の場合は、その時々で何かを一生懸命やっていると、突然次にやりたいことが出てくるので、焦る必要もないのかなと割り切っている部分があります。やや脱線しますが、分かりやすいエピソードとして、最近はできていませんが、昔はホテルのあてもなく語学力も乏しいながら一人でふらっと目的もなく海外に行き、そこで思いつくままに放浪してみることが好きでした。歩いていると自然に行きたいところが見つかって、はじめて行き方を調べてそこに向かうものです。もう少し自己の中身が成熟してくると、「成し遂げたいこと」も徐々にクリアになってくるかもしれません。そうなった時に、成し遂げる手段として、この資格をフル活用できたら理想です。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

自分は何に向いているのか分からない、経験がないから自信がもてない、将来何をしていけば良いか分からない等、考えるだけでは答えが出ないことで悩んでいる人が多いように感じ、勿体ないなと思うことが多々あります。やってみないと向いているかも分からないし、経験は悩んでいるだけでは充足しないし、頭で考えているだけでは答えが見つかることはありません。考える前に行動し、やってみることではじめて見えてくる世界があると思います。

1 2 3