水野智博(みずのともひろ) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

ベンチャー企業に評論家はいらない。自ら率先して行動することでプレイングマネージャーを実践

水野 智博

みずの ともひろ

生年月日
1977年12月23日(40歳)
所属企業
株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所属部署
経営企画室
役職
経営企画室 次長
最終学歴
一橋大学 社会学部 卒業
出身地
愛知県
現住所
東京都
1キャリアサマリー
2005年
監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)入社
金融インダストリーグループにて、銀行監査に従事。
2012年
愛知製鋼株式会社入社。内部監査に従事。
2014年
某ゲーム関連ベンチャー企業に入社。最初の2年は経営管理業務全般、残りの2年は経理をメインとして業務に従事。
2018年
株式会社グローバル・リンク・マネジメント入社。経営企画業務に従事。
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

監査法人時代は銀行監査に従事していました。その当時は同期と飲みに行くと「いつまで事務所にいる?」といったようなことも話していたことを記憶していますが、別に将来のキャリアについて真剣に考えていたわけではなく、「今の仕事が面白いわけでもなく、本当に我慢できなくなったら仕事がないわけでもないし、転職も選択肢としてはあるかな。」程度の考えしかありませんでした。

そんな折転機となったのが、自分が監査に従事していたクライアントが他の銀行と合併することとなり、合併後の銀行を他法人が監査することとなり、事務所内での仕事がなくなってしまったことでした。その時にはじめて自分の今後のキャリアについて真剣に考えるようになりました。そして転職を決意し、同時に大好きな地元の名古屋へのUターンも実現させたのが、愛知製鋼への入社でした。

愛知製鋼では内部監査に従事しておりました。事業会社ならではの経験も積めましたが、同時に「監査」という意味では監査法人時代の仕事と変わらず、自分の成長という点において強い危機感も持つようになりました。そんな折、あるイベントでとある会社の社長に出会います。その社長は、東京ではよくあるような短期間で会社をスケールアップさせIPOまでもっていく会社を名古屋でも作りたいと話していました。私は単純なので非常に面白いと思い、その社長に「チャンスがあったら働かせて欲しい」と言いました。その2か月後にその社長にお声掛けいただきました。そしてその社長の会社への入社を決めました。それが次に転職した某ゲーム関連ベンチャー企業でした。
某ゲーム関連ベンチャー企業では経営管理部を発足させ、経営管理に関わる仕事を何でもこなしました。まさにドベンチャーでした。某ゲーム関連ベンチャー企業では何ラウンドも資金調達を重ねました。ただ、明るい業績は一向に見えず、IPOは程遠く見えました。「このままでは自分のキャリアが終わってしまう!」と危機感を持ちました。そしてまたしても転職を決意しました。そして現在のグローバル・リンク・マネジメントに入社しました。図らずもまた東京に出てくることとなりました。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

今現在の仕事は経営企画になります。具体的に申し上げますと、予算編成、予算統制といったところが今の仕事の大きな柱になっています。その他にも会社からいただいている「お題」はあるのですが、それだけ取り組んでいればよいということではないと理解しています。実は会社は東証マザーズに上場したばかりで、私が今所属している経営企画室も私の入社と同時に発足した部署であるため、今の仕事は定型的に定まっているわけではありません。また会社はこれからも大きく成長していくと思いますし、自分のミッションもその時々に合わせて大きく変わっていくと思いますので、臨機応変に対応していかなければならないと考えています。

1 2 3