眞山徳人(まやまのりひと) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

子ども向けビジネススクール設立を目指す。“書く・語る・会計”の強みを組み合わせて独自のキャリアパスを歩む

眞山 徳人

まやま のりひと

生年月日
1981年2月26日(37歳)
所属企業
合同会社フォルケ
所属部署
役職
CFO 兼 次世代人材育成本部長
最終学歴
慶応義塾大学 経済学部 卒業
出身地
埼玉県
現住所
埼玉県
1キャリアサマリー
2005年12月旧2次試験合格→監査法人トーマツ長野事務所→同高崎連絡事務所→同トータルサービス部を経て2016年3月に独立、起業。

性格診断テストで発見!
この会計士のタイプは?

支配人タイプ
内向的
臨機応変型
大局タイプ
個人主義
伝統型
外向的
計画管理型
こだわりタイプ
集団主義
革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
強く自己主張をするよりか、周囲と協調しながら物事を進めることが多い。
また状況の変化や刺激に対して過敏に反応することがなく、ストレスに対する対処法も心得ているため、常に落ち着いている印象を持つ。
斬新な意見や革新的な考えに興味を持つ。
固定観念に縛られずしなやかな立ち回りができるが、場当たり的かつ衝動的な行動をとることも少なくない。
場に応じて柔軟にふるまいながら仕事を進めることができる。
このタイプの会計士は回答者全体で、
0.8%います。
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

ジェネラリストを志し、多様な経験を積めそうな地方事務所に就職し、望み通り、いろいろなスキルを身に着ける機会をいただくことができました。
監査一つとっても業種が非常に多様で、地方銀行に始まってゼネコン・製造業・小売から学校法人に至るまで経験しました。領域が細分化されている東京事務所では、こういった形での経験はなかなか積めなかっただろうと思います。監査以外にも、原価計算制度の導入や決算早期化、業務改善、内部統制導入などのコンサルティング業務を経験させてもらったり、リクルーターとして受験生を勧誘する仕事を通じて、プレゼンテーションのノウハウを本格的に学ぶ機会にも恵まれました。

最終的に自分は「子供向けのビジネススクールを作りたい」と思って起業を志すに至るのですが、そのきっかけになったのもトーマツ時代の経験でした。第1には、リクルート活動を通じて地元の大学生に監査やデューデリジェンスのロールプレイングを提供した際、「もっといろいろなスキルを若い人に身に着けてほしい」と思ったことです。ビジネスの要素の多くは、基本的なレベルのものであれば“掛け算・割り算”程度の知識で十分に理解できるのに、経営学部やMBAでしか取り扱わないのはもったいないのではないか・・・と思ったわけです。第2には、私立大学の監査で学費が未納なままやむなく除籍されていく学生たちが後を絶たないことにある種の社会的使命を刺激されたことです。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

合同会社フォルケではCFOという、いかにも公認会計士らしい仕事のほかに、自らが志していた子供向けのビジネススクール設立を目指し、『次世代人材育成本部』という部門を自ら立ち上げてビジネスを展開しています。子供向けのビジネススクールという構想を知人に話すと異口同音に言われたのが「すごく面白いと思う…でも、お金にならなさそう」というものでした。彼らの助言はまさにその通りで、最初のうちはずっと無報酬での“おためし”だったり、ほんのわずかな報酬でのお仕事しかなかったので、監査法人でアルバイトとして働かせてもらったりしながら、ビジネスの拡大を少しずつ進めていかざるを得ませんでした。

最近になって、ようやく自治体に予算をとってもらって公立の小中学校でプレゼンテーションの授業をさせていただいたり、小学校高学年くらいから学ぶことのできる“お金の教科書”を編纂したり、マネタイズの道筋が少しずつ立ちつつあります。今年くらいから本格的に子供たちを集めてビジネスに関する授業を提供する目途も、やっとつくようになり、これからがとても楽しみです。
今後は、公認会計士としてのキャリアではなく、むしろこういった次世代人材育成のパイオニア的存在として学校教育や家庭教育にビジネス的な視点を取り入れていく活動に注力していこうと思っています。

1 2 3