古子優樹(ふるこゆうき) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

株式会社すららネット

経営管理部

CFO

古子 優樹 ふるこ ゆうき

CFOとして経営管理を行う企業内会計士。関わる人が幸せになる会社作りを目指す
革命家タイプ
革命家タイプ

1987年10月14日生まれ(32歳)
静岡県出身 ・ 東京都在住
中央大学 法学部 卒業

会計士データ
  • 年齢
    30代
    回答者全体の
    68.8%
    一覧へ
  • 役職
    部長・室長
    回答者全体の
    18.3%
    一覧へ
  • 企業種別
    事業会社
    回答者全体の
    44.1%
    一覧へ
  • 出身
    関東
    回答者全体の
    52.2%
    一覧へ
革命家タイプの特徴
  • 内向的
  • 臨機応変型
  • 大局タイプ
  • 個人主義
  • 伝統型
  • 外向的
  • 計画管理型
  • こだわりタイプ
  • 集団主義
  • 革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
  • このタイプの割合
    回答者全体の
  • 19.4%

自身の仕事に対して情熱を持って取り組む傾向にある。
また高いコミュニケーション能力を活かして、周囲と協力しながら物事を進めることができる。
知的好奇心も強いため、新しい考えや意見を取り入れることをいとわない。
物事を抽象化して考えるため、大局的な判断力を持つ。
ストレスを感じても過敏に反応することなく的確に対処ができるため、周囲からは誠実かつ落ち着いて見られることが多い。

続きを読む
1キャリアサマリー

学生時代にたまたま税理士を目指していた友人から公認会計士という職種があることを聞き、会計、監査の専門家という立場で幅広く社会に関わっていけるという点に将来性があると感じ、公認会計士を目指す。
2009年の公認会計士試験に合格し、某大手監査法人のIPO部門へ入社。当該部門でミドルマーケットの法定監査や、IPO準備会社へのサポート業務に従事する。
縁あり、バイオベンチャーへ転職。現在は経営者管理部長として、財務経理以外の内部監査、会議体運営、法務、人事、総務等、多様な業務に奮闘中。

2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

私は監査以外にも会計、監査の専門家として幅広い業務ができることに惹かれて会計士を目指したため、早い段階から会社の全体像を理解し、監査以外の業務にも携わって、より多くの経験を積みたいと考えていた。

そんな想いを持って大手監査法人に入社して、運良く第一希望であったIPO部門に配属することができた。IPO部門で扱う企業には、世間でいう大企業は少なく、中小企業が中心の部署で、監査法人で一般的な業務とされる監査だけでなく、IPO支援、内部統制構築支援、決算助言指導など様々な業務を経験する機会を得ることができた。特にいい経験だったと思うのは、担当しているクライアントの規模が大きすぎず、担当者や役員との距離が近く、会計に関すること以外にもマネジメントも含め様々な質問を受けることであった。

当時は今ほど監査法人の独立性が厳しくなかったことから、少しでも会社のためになるならと、知らないことであっても自分で調べたり、社内の専門家に聞いてみたりして、できる限り回答するように努めていた。
この頃から会計以外の事業会社で起こる様々な出来事に興味を引かれ、いつかは事業会社で働きたいという想いが芽生えていた。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

今はベンチャー企業の経営管理部長兼IPO責任者として、経理に関する業務以外に、管理部の立ち上げ、ファイナンス、人材採用、労務管理、契約書レビュー、取締役会、監査役会の運営、監査法人、証券会社対応など、会社運営で必要な管理業務は何でも担っている。また、幸運なことに、役員だけの会議も含め全ての社内会議に参加して意見を言える環境にあることから、経営管理部長という立場でおこがましいものの、自分の会社という意識を持って日々業務に当たるようにしている。

些細な気持ちの違いではあるが自分の会社という意識を持っていると、会社の事業を進捗させるためには何が必要でどうすればいいのか、従業員が働き易い環境にするにはどうすればいいのかなど、会社をより良くするための施策に自然と意識がいくようになってきている。そのお陰で、ベンチャー企業では改善しないといけない点はたくさんあり、日々会社を取り巻く環境に変化が起こることから業務はどんどん増えているが、そのような中でも他のメンバーと膝をつめて議論し、もがきながらも楽しみながら過ごすことができている。

今後のキャリアパスとしては、IPO責任者という立場を全うし、会社のステージアップに貢献して経営者(取締役)の一人になることが目下の目標である。

1 2 3