鈴木晴子(すずきはるこ) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

CREST税理士法人 他

神戸事務所

所属税理士

鈴木 晴子 すずき はるこ

医療系事業会社で医療法人の財務・経営管理を担当。ルート営業で鍛えたコミュニケーション能力を武器に真の解決事項を導き出す
スペシャリストタイプ
スペシャリストタイプ

1976年3月31日生まれ(44歳)
兵庫県出身 ・ 兵庫県在住
関西学院大学 商学部 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

会社の成長に関われる仕事として、広い意味でのコンサルタントを続けたいと思っています。そこで、公認会計士として会計の専門知識を持っていることや、監査法人で多くの経験ができたことは強みになりますが、それを分かりやすくアピールできるのは資格があるからだと感じています。特に、商工会議所では多くの経営者と会う機会がありましたが、その半分は年上の男性経営者です。その中でも公認会計士ということが話題のフックになり会話が弾んだり、すぐに覚えてもらえたりしました。また、踏み込んだ相談も多くされたのは、資格の信用力のおかげだと思います。

信頼して相談してくれた方の期待に応えたい、専門家としてこれだけは答えたいと思うため、知らないことは調べたり、研修を受けたりと自然に努力していたため、資格が成長を促してくれる面もあると感じています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

経営者の夢のお手伝い、実現のための支援を続けたいと思います。現在はまだ事業目標の作成から、事業計画立案、実現への流れを支援する経験、知識が足りていないことを感じるため、現在の2つの職場でこのような実務を多く経験し、自信をもってコンサルティングが行えるようになりたいと思っています。

将来、独立をするのか、社内会計士やCFOとして会社の中でこれを実現するのかはまだ決められておらず、今後の経験が大変重要になると感じています。経営者の夢の実現を支援し続けられるように、日々の活動に真摯に取り組み、新たな道を探っていきたいと思います。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

興味があること、好きなことに対してはどんな形でもまずチャレンジして欲しいです。興味はあってやってみたいが今まで誰もしていないとか、給料が下がるからといって動かないことは勿体ないことだと感じます。自分の興味があることについては、楽しく取り組めるので飲み込みも早く、少々の苦労も苦にならないものです。また、楽しく前向きに働いている人の周りには自然と前向きな人が寄ってきたりと、思わぬ好循環も生まれてくると思います。まず、その業界の人の話を聞きに行ったり、直接触れてみることをお勧めします。

今、日本でも働き方は変わって行き、ゆっくりかもしれませんが、流動的になることは間違いありません。肩書が一つだけでない人も増えると思われますし、今存在しない仕事ができたり、またその逆もあると思います。その中で自分の価値観に合った仕事を見つけることは増々重要になってきます。様々な夢を実現できる時代が来ていると思うので、恐れずチャレンジをして欲しいと思います。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら