野口五丈(のぐちいつたけ) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

リライル会計事務所

代表

野口 五丈 のぐち いつたけ

クラウド会計導入の支援実績全国1位。“会計士”というツールで家族や従業員、クライアントなど自分の回りの人を幸せにする
開拓者タイプ
開拓者タイプ

1982年7月19日生まれ(37歳)
静岡県出身 ・ 東京都在住
中央大学 商学部会計学科 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

実は自己評価は高くない。会社と共に成長したいと考えた結果、多くの顧問先が成長余力が大きいIT分野の企業になっているが、自分自身はITに特段詳しいわけでもない。
自分の強みは何かなんて考えたことも正直ない。一般企業への就職を希望することがあれば、そういったことを考え、言葉にする機会もあったのだろうが、監査法人への就職の際はその必要がなかった。
まれに人から言われるのは人当たりの良さ。聞き上手だとも言われるが、自分自身は他の人に比べてその点が秀でていると自負したことはない。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

単純だが、クライアントからありがとうと言われる瞬間が最高に嬉しい。クラウド化したことで社長が営業に割ける日数が増えた、経理業務がぐちゃぐちゃだったものが整理できた、といったものから、銀行に事業計画の説明をするにあたり、同行してサポートしたところ、融資の内諾を得られたといったものまで、場面は様々だが、役に立ったと実感できることが最高の喜びだ。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

やはり新日本のリストラで、明日は我が身なのだと気付き、自分自身一体どうしたいのか、考えなければいけないと思ったこと。お遍路の旅に出て徹底的に考え、「人生のイニシアティブは自分で握る」という結論に達し、トーマツを退職した。

1 2 3