宮崎良一(みやざきりょういち) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

ブリッジコンサルティンググループ株式会社

代表取締役CEO

宮崎 良一 みやざき りょういち

企業と士業コンサルタントを支援する経営管理プラットフォーム事業会社を起業。信頼できるメンバーと働けることが強み
先生タイプ
先生タイプ

1983年1月23日生まれ(37歳)
大阪府出身 ・ 東京都在住
同志社大学 商学部商学科 卒業

会計士データ
  • 年齢
    30代
    回答者全体の
    64.0%
    一覧へ
  • 役職
    代表取締役
    回答者全体の
    35.1%
    一覧へ
  • 企業種別
    税理士法人
    回答者全体の
    2.8%
    一覧へ
  • 出身
    近畿
    回答者全体の
    17.5%
    一覧へ
先生タイプの特徴
  • 内向的
  • 臨機応変型
  • 大局タイプ
  • 個人主義
  • 伝統型
  • 外向的
  • 計画管理型
  • こだわりタイプ
  • 集団主義
  • 革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
  • このタイプの割合
    回答者全体の
  • 2.4%

仕事に対してまっすぐに向き合い、責任感を持って物事にあたることができる。
また周囲に対する思いやりが人一倍強いため、協調性を持って業務に取り組むことができる。
その一方で状況の変化に対して過敏に反応するところがあり、刺激に対しストレスを抱えたり不安になったりしがちである。
またルールや決まりごとを重視した行動をとることが多いが、革新的な意見や新しい考えに対しては壁を作ってしまうこともある。

続きを読む
1キャリアサマリー
2006年12月
有限責任監査法人トーマツ トータルサービス1部
2011年10月
ブリッジコンサルティンググループ株式会社 代表取締役
2011年12月
税理士法人Bridge 代表社員
2016年1月
株式会社Casa(東証2部) 社外監査役
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

監査法人では、主にIPOを目指している企業様向けに法定監査並びにアドバイザリー業務を担当させて頂きました。
監査法人勤務時代は、担当させて頂いている業務、チームメンバーとの関係含め、一切の不満もなく、非常にエキサイティングな時間を過ごさせて頂きました。その当時の私は、「最短でパートナーになれればいいなぁ」とさえも思っていました。
しかし、監査法人勤務経験5年目を迎えるにあたって、同期メンバーが次々と退職していく時期があり、それをきっかけに自分の今後のキャリアについて深く考えることになりました。結論としては、明確な目標などは見つからなかったのですが、新しい環境に身をおいて新しいチャレンジをしようという事で思い切って監査法人を出ました。
その後は、同期メンバーと一緒に殆ど経営戦略も立てることもなくとりあえず会社を作ってみました。その会社が現在のブリッジコンサルティンググループ株式会社です。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

現在は、経営管理プラットフォーム事業を展開するブリッジコンサルティンググループ株式会社の代表取締役CEOを務めさせて頂いています。経営管理プラットフォーム事業とは、経営管理に課題を持つ企業様及び経営管理に携わる士業コンサルタントを支援する事業です。企業様向けへのサービスとしては、内部監査支援、IPO支援、BPR支援、決算開示支援、FAS支援、グルーバル支援、給与計算支援、事業承継支援、法務支援、人材紹介支援で、士業コンサルタント向けのサービスとしては業務斡旋、求人情報紹介です。ブリッジコンサルティンググループ株式会社は2011年10月に設立された会社なので、現在、第7期中という事になりました。これまでご支援させて頂いた企業様数は約1000社、現在の提携している士業コンサルタントは約800名となっています。

1 2 3