戸田有希(とだゆき) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任監査法人トーマツ

監査・保証事業本部 第一事業部

スタッフ

戸田有希 とだゆき

営業職から公認会計士へ転身。監査業務を学びながら、非監査業務にも従事
参謀タイプ
参謀タイプ

30代
千葉県出身 ・ 東京都在住
早稲田大学 人間科学科部 人間環境科学科 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

私の人生の目的は、自信をもって自由に生きることです。そのために、やりたいことを見つけたときに、自分の判断に自信をもって、人生の選択をしていきたいです。
私にとって「公認会計士」という資格は、努力して得られた成果であり、自分で自分を認められる成果でもあります。
もともと公認会計士資格の取得を目指した背景には、専門職として、自分の考えに自信をもって生きていきたいという思いがありました。
私は、大学卒業まで何かに打ち込んで大きな成果を得た経験がなく、自分にあまり自信を持てていませんでした。漠然とした悩みでしたが、一度きりの人生、せっかくだったら自分に自信を持って生きていきたいと思いました。
仕事をしながら公認会計士資格を取得できた経験から、一つの大きな目標に向かって努力してやり切ったこと、また、公認会計士資格取得という成果が得られたことで、自分に自信を持てるようになったと思います。
今後も、やりたいと思えることを見つけたときに、自分の判断に自信をもって選択していきたいです。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

直近でチャレンジしてみたいことは、非監査業務である地方創生業務です。
地方創生業務では、官公庁が予算を出し地域で産業をおこす事業や、大企業がベンチャー企業と協業して、最新の技術・サービスを利用して、新規事業を開発するサポートをしています。
私は旅行で全国各地に行くことが好きです。地方を訪れた際に、もっと地方を元気にするにはどうしたら良いのかと考えることがあり、地方や中小企業を元気にする仕事に将来従事してみたいという思いがありました。
トーマツの地方創生業務は、地域経済ひいては、日本の経済にインパクトを与えるビジネスであり、監査法人の新たな役割としても注目されているビジネスです。
今後は、地方創生業務をキャリアの中心とし、与えて頂けるならば様々な業務にチャレンジしていきたいと考えています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

悩みが生じたときは、まずは行動を起こすことが大切だと思います。
私自身、自分にあまり自信を持てないまま、本当にこのままで良いのだろうか、と漠然とした悩みを持ち続けて生きていました。実際に公認会計士資格取得のための勉強を始め、行動を起こしたことで結果が付いてきましたし、以前よりも自分に自信を持てるようになったと感じています。
成果を得られる人とそうでない人との違いは、実力よりも、実際に行動に起こせるかどうかの要因が大きいと聞いたことがあります。
今後の長期的なキャリア形成については私も悩むことがありますが、他の人の視点が欲しくなったら、周囲の人や人脈を辿っていろいろな方の考えを聞き、自信を持って選択をしていきたいと思います。
悩みや壁にぶつかってしまった時は、小さなことでも何かしら行動を起こすことで状況を少しずつ変えられると思います。ぜひ皆さんも自信を持って行動を起こし、人生の選択をしていただけたら良いなと思います。

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。

会員登録ページはこちら