戸田有希(とだゆき) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任監査法人トーマツ

監査・保証事業本部 第一事業部

スタッフ

戸田有希 とだゆき

営業職から公認会計士へ転身。監査業務を学びながら、非監査業務にも従事
参謀タイプ
参謀タイプ

30代
千葉県出身 ・ 東京都在住
早稲田大学 人間科学科部 人間環境科学科 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

私自身の強みは、困ったときに人を頼れるところだと思います。すぐに人を頼るところ、といえば弱みにもなりますし、強みと弱みと表裏一体ではあると思いますが、「こんなこと聞いたらまずいかな…」と気にせず、人に相談することで、広く情報を集められていると思います。
仕事をする上でも、懸念点を事前に相談することで、他の人がすぐにわかることはその場で解決できますし、他の人が話題に出していない潜在的な問題が浮き彫りになることもあるので、問題解決に向けて早く動くことができます。
監査はチームで行うもので、そのメンバーには会計知識に強い方、会社への指摘事項をいくつも発見できる方、チーム運営が上手な方など様々な強みを持った方が集まって成り立っていると日々感じます。私自身は会計士として会計知識をこれからもっとつけていくとともに、円滑なチーム運営や、クライアントとの良好な関係構築に貢献していきたいと思います。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

私の心が動いた瞬間は、クライアントとともに問題を解決したときです。
監査業務を進めるためには、クライアントの協力体制が何よりも必要です。年度の途中から業務を引き継いだチームのクライアントで、監査にあまり協力的ではない会社がありました。具体的には、資料を依頼しても抜け漏れが多く事前の確認作業が必要となり、非常に時間や労力がかかっている状態でした。
要因を分析したところ、監査チームからの依頼内容がわかりづらく、重要性を理解していただけていなかったことが大きな理由でした。
そこで、監査業務が非効率となっている点、また会社の現場の方にとってただの手間と認識されてしまっている点について、窓口となっていた経理の方と問題点を共有しました。問題解決のため、経理の方と何度も相談し、現場の方にも理解しやすいよう資料依頼の形式を見直し、現場および経理で用いるチェックリストを導入してもらうことにしました。さらに、資料を用意する現場の方々には「何のために資料を依頼しているのか、どういったことを検討したいのか、チェックリストはどのように使うべきか」について、経理の方を巻き込み周知していただきました。
結果的に、抜け漏れは大幅に減少し、現場の方にも趣旨を理解していただけたので、こちらから追加依頼をしなくても補完する資料を自発的に提出していただけるほどになり、経理および監査チーム双方の業務負担の軽減に繋がりました。
この問題解決の経験から、クライアントとの信頼関係が以前よりも増し、より円滑な監査業務の運営に繋げられたと思います。私にとっては、クライアントを巻き込んで問題解決に繋がった体験だったので、印象に残り、やりがいを感じたエピソードです。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

私は、仕事に関連して深く悩んだことはあまりないように思います。それはおそらく普段から悩み事をチームメンバーや同期に相談しているためです。人に相談することで、頭が整理されますし、新たな視点を持ち、悩みを整理し解決に繋がることも多いと思います。
今後、経験を積み、チームを引っ張っていく存在になっていくにつれて悩みは増えていくのだと思いますが、なるべく早いタイミングでチームメンバーへ相談することを今後も心がけたいと思います。また、同期や相談できる人と緊密なコミュニケーションを重ねることで、一人で抱えこまずに乗り越えていきたいと考えています。

1 2 3

性格診断テストをやってみよう性格診断テストをやってみよう

会計⼠の履歴書とは
世代、職場、地域などのさまざまな垣根を超えて、
会計士が気軽に立ち寄ってコミュニケーションしたり情報収集できる場を目指しています。
また、当サイトをきっかけに会計士に興味を持ってもらえると幸いです。

会計⼠現役会計⼠・会計⼠

会計士の方はこちら
More
『会計士の履歴書』に掲載している“会計士”は、“日本の公認会計士試験(旧2次試験)に合格している人”を対象としています。そのため、修了考査(旧3次試験)の合否や日本公認会計士協会への 正会員 又は準会員(会計士補)の登録有無とは関係なく掲載しています。

会員登録ページはこちら