中島宏崇(なかじまひろたか) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人

シニアスタッフ

中島 宏崇 なかじま ひろたか

クライアントから監査や税務の相談を受けることのできる総合診療医のような公認会計士になりたい
和尚さんタイプ
和尚さんタイプ

30代
東京都出身 ・ 東京都在住
大学院 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

私は自身の人生観として、「安定した家庭という土台があってこそ、仕事においてパフォーマンスが発揮できる」と考えています。監査法人から税理士法人への、初めての転職に悩んだ際、妻は「やりたいなら、転職すればいい」と後押ししてくれました。妻には、子供の世話や夕食作りなど、いつも感謝していますが、その状況に甘えすぎてもいけないと思います。私自身と同様に妻にも仕事の目標があるので、自分もできるだけ妻をサポートしていきたいと思います。やはり、家族みんなが笑顔でいられるのが一番幸せだと思いますし、ワークライフバランスが保てている現在は、仕事においても良い影響が出ていると思います。
このように公認会計士は、進みたい専門性だけでなく働き方も選択できる、よい資格だと思います。
先述しましたが、赤坂有限責任監査法人では、シフト勤務制を採用しています。出社時間も事前に申請する必要はなく、その日の都合に応じて出社することができます。また、自分の周りの人が遅くまで残っていた場合、帰りづらいと心配される方もいらっしゃるかもしれません。赤坂有限責任監査法人の場合、各々の帰りの時間が遅くならないよう、仕事の段取りを組み立てている方が多く、夜遅くまで仕事をされない方が多いという印象です。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

監査業務と税務業務を継続していきたいと思います。
監査業務においては、これからインチャージの立場として仕事をしていきます。現場の最前線に立つ以上、クライアント企業のビジネスや業界の勉強などをより一層勉強し、クライアントに「監査を頼んで良かった」と言って貰えるように励みます。それと同時に、自分が今まで経験してきた監査チームと同様に、気軽に互いがフォローしあえる風通しの良いチームを構築し、チーム全員が達成感を共有できる環境づくりをしていきます。
税務業務に関しては、業務を始めてからまだ日が浅いので、まずは記帳代行及び法人税申告業務を継続し、それと同時に、節税や税務リスクに関するコンサルティング業務も携わりたいです。税金は、企業に大きな負担となるものなので、節税や税務リスクに関するコンサルティング業務に携わることで、企業の経営判断の一助になりたいと考えています。
またプライベートでは、子供の絵本を見て思ったのですが、フランスやイタリアなどヨーロッパへ家族旅行に行ってみたいです。ルーブル美術館やバチカン美術館で名画鑑賞をしたり、色々なカフェやチョコレート屋を巡っておいしい物を食べたりしたいです。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

キャリアを模索する会計士へ

「憧れの人」を見つけ、自分に置き換えてイメージすることが、キャリアの決め手になると思います。
私の場合、学生時代の恩師である公認会計士が「憧れの人」でした。その方が監査のみならず、経営コンサルなど幅広く経験されていたことから、私は監査業務と税務業務両方についての知識や経験を積みたいと思うようになりました。特に税務業務では、私の周囲には自営業の知人が多く、税金に関する質問を多く受けることから、税務面での経営アドバイスができたらいいと考えるようにました。
また、「憧れの人」が見つかったら、その人から仕事のやりがいや苦労話を聞きましょう。入門書や実務書を参考に、実際の業務についてイメージを膨らませ、自身のキャリアに置き換えて考えると、選択肢が広がると思います。

会計士受験生へ

会計士試験に合格するためには、各科目をバランスよく得点していくことが求められます。
その中で私が気付いたことは、「広く浅く勉強する」のは難しいということでした。
「広く浅く勉強する」ために重要なのは、勉強した内容を短時間でアウトプットする作業を反復することです。
私の場合、答練を利用して暗記用のカードを作成していました。具体的には、答練の問題を表に貼り、裏に解答を貼ります。そして、問題のキーワード・解答の論点・結論・理由をマーカーします。解答の配点箇所にマーカーするイメージです。このようにして、アウトプットする部分を減らしたうえで、友人とカードのマーカー個所のアウトプットを毎日反復していました。試験当日には答練の問題と解答のポイントは、ほぼ全て暗記していました。答練の問題と解答を暗記しておけば、本番の試験において解答の取捨選択が的確になり、合格へ近づくと思います。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら