中島宏崇(なかじまひろたか) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人

シニアスタッフ

中島 宏崇 なかじま ひろたか

クライアントから監査や税務の相談を受けることのできる総合診療医のような公認会計士になりたい
和尚さんタイプ
和尚さんタイプ

30代
東京都出身 ・ 東京都在住
大学院 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

公認会計士試験合格後、プライベートでは、周りに自営業をしている知人が多く「税金を教えて欲しい」や「どうすれば節税できる?」など、税務に関する質問を多く受けました。それは、公認会計士として個人事務所を構える場合、税務業務を行っている方が多く、一般の人から見れば公認会計士も税理士も似たようなものだと思われるのは仕方のないことだと思います。ただ、このような中で「監査業務をやっているから、税務のことはよくわからない」と答えるのは虚しかったので、税務業務にチャレンジしようと思いました。
今では、会計と税務の両方の知識や経験があることは、一つの強みになったと感じます。
当然のことながら、会計と税務は、密接に関わっています。例えば、公認会計士としての会計の知識は、記帳代行業務において、減損会計適用の必要性や注記の記載方法など決算書作成時に役立ちます。また、記帳代行業務を経験することで身に付けた税務の知識は、監査業務においても役立ちます。監査で詳細に見ない各科目の消費税の区分方法や給与源泉税の計算方法などに関して、数値が出来上がるまでのプロセスや正確性を検証する方法が分かるからです。
その他、法人税だけでなく登録免許税など税金に関して幅広い知識があると、クライアントがまだ認識していない税金を伝えることができ、経営判断の一助になることができます。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

初めて記帳から税務申告まで行った際には、苦労しましたがとてもやりがいを感じました。
実際に記帳代行業務に携わる前は、簿記の知識があるので何とかなるだろうと思っていました。しかしながら、帳簿の記載要件を整える必要性やタイムスケジュールなど、それまで監査業務しか経験のなかった自分は、経理の業務は大変だと思い知らされました。
税務申告書に関しても、監査業務の場合は完成された状態で提出されます。また、クライアントの顧問税理士が作成している場合も多く、税務申告書を1枚1枚深く見る機会は少ないと思います。しかし、税務申告書を実際に作成してみると、別表から別表への数値の飛ばし方、申告時に必要な添付書類の確認など、税務業務は本当に細かい点に注意しながら行っていかなければならないと痛感しました。そのような中で、先輩方や同僚に何度も助けてもらいながら、記帳から申告までできたときは嬉しかったです。
また、税務業務はクライアントのために直接サービスを提供する点で、クライアントとの距離が近いのが特徴です。クライアントから「ありがとうございます。助かりました」と感謝の言葉を頂戴すると、率直に嬉しいです。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

最初、監査業務に携わった際、監査の基本である「質問」の監査手続に苦労しました。
明治大学文学部教授斎藤孝先生の著書『質問力』に、日本人のコミュニケーション能力は低下しているとあります。
それは、日本の教育は講義形式で聞く側の授業が多く、私生活においてもテレビなど聞くだけで完結してしまうことに慣れているせいだと述べられています。
監査業務においての「質問」では、「自分が知りたい情報を相手から聞き出す」ことが重要になると思います。上記著書において、詳細は割愛しますが、以下の3つの座標軸を意識すると良いと記されています。
・「具体的かつ本質的な質問を意識すること」…何を聞きたいか分かる、相手にとって答えやすい質問かを判断すること。
・「相手が話したい、答えたい質問を意識すること」…その人が答えたい・話したいと思える質問かを判断すること。
・「今現在の文脈(状況)に沿っており、相手の経験世界や過去の文脈に沿っていること」…その人に聞くのが適切かどうかを判断すること。
現在でも、誰かに質問をする際は上記3つの座標軸を意識しながら質問できるように事前準備をしております。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら