加山権(かやまけん) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人

マネージャー

加山 権 かやま けん

勇気を出して一歩踏み出して行くことで自身のキャリアへと繋がっていく
チャレンジャータイプ
チャレンジャータイプ

30代
非公開出身 ・ 非公開在住
非公開

7人生の目的と公認会計士という資格

私自身の人生観として、「やりがいのある仕事をしながら人生を楽しむ」と考えています。
公認会計士の試験は難関ではありましたが、取得することによって様々な道が開け、それぞれ各々に合った道へ進むことができる事にやりがいを感じています。
公認会計士という業務を通じて日々様々な業種の方と接する事ができ、共に困難な業務を乗り越えることで、深い人間関係も構築する事ができていると考えています。
そういった中でもプライベートを楽しく充実させることによって、仕事もまたはかどるという循環を築けることができていますので、人生の目的を達成できているのかなと個人的には感じています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

最後の転職として監査法人を選択した以上は、いち早く監査報告書にサインできるようパートナー昇進に向けて日々成長していきたいと考えています。その後は、赤坂有限責任監査法人が成長していく道中を楽しんでいければなと考えています。
その過程で自分が今まで経験してきた仕事の楽しさやチームプレーの達成感等を法人のメンバーに共有し、楽しく風通しの良い環境を作っていければと思います。
また最終的には多くのクライアントから頼られ信頼される存在になりたいと考えています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

キャリアを模索する会計士へ

やはり一歩踏み出す勇気が大事だと思います。
私の場合、自分の経歴だと誰もが無理だと思うレベルではありましたが、こうして公認会計士として働き、日々クライアントと接しています。それでも今の自分自身があるのも公認会計士試験を受けてみようと決意し、一歩踏み出したことがきっかけだと今でも思っています。
やはり人生において様々な選択肢が出てきますが、今までと同じ道を選ぶのもいいですが、勇気を出して一歩踏み出して行くことで自身のキャリアへと繋がっていくと思います。

会計士受験生へ

公認会計士試験は暗記で対応できる試験ではないため、基礎を理解し問われた問題に対してうまく表現していくことが大事だと思います。
実務でも臨機応変に対応できる対応力が求められるため、どれだけひねられた問題が出ても対応できる基礎をしっかり理解することが重要だと思います。
そのために、まずはしっかりと基礎を固めるためにテキストを読み、アウトプット用に答練を解き、その中で何が出来、駄目だったかの見直しをした上で改めて基礎を固めていく、この反復作業が大事だと思います。
また、試験時間の制約上クリティカルな問題の見極めも大事になってくるため、答練を解く中で判断をしっかりする事が大事だと思います。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら