加山権(かやまけん) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人

マネージャー

加山 権 かやま けん

勇気を出して一歩踏み出して行くことで自身のキャリアへと繋がっていく
チャレンジャータイプ
チャレンジャータイプ

30代
非公開出身 ・ 非公開在住
非公開

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

先述のとおり、体育会系の学校で育ったことや自分が楽しいと思える事を存分にやってこられた事で培ったコミュニケーション能力については、自分の強みだと考えています。
現在は、監査業務・税務業務・アドバイザリー業務と色々な業務に関与していますので、多くの様々なポジションの方と接する機会があり、更にコミュニュケーション能力が強化されていると感じています。
また監査法人としても成長過程にある法人であるため、新規クライアントも年々増加しているので会社をより深く理解するために密なコミュニュケーションが必要な環境です。
新規クライアントを担当する機会が増えることで継続案件とまた違ったコミュニュケーションスキルが身に付けられると実感しています。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

まだまだ修業中の身ですが、公認会計士としての知識・経験を重ねることで当初は非常に厳しい対応をされるクラアントの方からも相談される機会が増え感謝の言葉を頂戴した時は素直に嬉しいですね。
やはり困難な案件に対して逃げることなく全力を尽くしたあとに、クライアントの方から「ありがとうございました」と言っていただいた時は、会計士になって良かったなと感じますし何物にも代えがたい達成感を実感できますね。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

初めて監査業務に携わった際に自分の文章の「作成」能力、そして何よりも監査の基本となる「質問」能力が足りていない事に改めて気付かされました。
はじめは自分の言葉ではなく、他の人からの言葉やテンプレートなどを使い文章を作成・質問していましたが、責任を負う立場になっていくにつれてクライアントに対しての対応に苦しむことが多くなりました。
そんな中で今でも尊敬している方に出会い、一緒に仕事やお話を交わす中で質問をする事のノウハウを盗み、その方を目標として実践していきました。
今でもまだまだ修業中ではありますが、成長していくという向上心と、いずれはその方を超える気持ちで日々仕事に励んでいます。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら