三井謙(みついけん) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人

監査部門

マネージャー

三井 謙 みつい けん

柔軟性を強みに「潤滑油」としての役割を担う
チャレンジャータイプ
チャレンジャータイプ

30代
山梨県出身 ・ 東京都在住
中央大学経済学部 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

人生の目的は、現在も模索中ですが、自身が死ぬ間際に後悔しないような人生であれと思っています。
ただ、「公認会計士」という資格は非常に価値のあるものであり、自身の目的が明確になった際にも、それを実現するために十中八九邪魔にはならず役に立つ、そんな資格だと思っています。
資格自体に価値があるというよりも、それを取る段階で行う努力や試験に合格した後だからこそ体験できた事柄も非常に大きな価値を生み出しているように思います。
公認会計士という資格について多く語れるほど私は会計士として長く働いていないですが、(公認会計士の本会員登録自体は現監査法人に入所してから)世のため・人のために役立つことのできるものだと思います。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

「公認会計士」の独占業務である監査の仕事において、最終的に監査報告書にサインし、その意見に責任を負う立場になってみたいと思っています。
これは、私自身が何でも経験してから考えようというスタンスであることも大きく関係しているのですが、せっかく公認会計士という資格を取得したのであれば、その到達点の1つであるパートナーになり監査報告書にサインするという経験をせずには監査について語れないだろうと思うからです。
特に監査について偉そうに語りたいわけではないのですが、公認会計士という資格を取得した後に監査報告書(特に上場企業)にサインしたことがある人は一体どの程度いるのでしょうか?これは公認会計士の人数全体からすると相当少ないと思います。
やはり何事も経験しないと感じられないことは多いと思いますので、せっかく監査法人に戻ってきたので目指してみたいと思いました。なれるのかなれないのか、向いているのか向いていないのか、全くわかりませんが挑戦してみたいと思っています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

楽しく働きたいのであれば

私は今の法人での働き方が自分の性格に合っているので非常に充実していますが、もっと専門的なことを突き詰めたい人やベンチャー企業で会計以外のことにも積極的に取り組みたい人や独立して税務もやりたい人など、公認会計士を取得した後にも様々なキャリアがあります。これはそれぞれの性格に合った、または、経験や性質を活かした選択ができることに他ならないと思います。資格取得することが全てではないですが、その後の選択肢を増やす有効な「手段」になると思います。
私自身が大手監査法人・事業会社・中小監査法人と多種多様な環境で仕事をしてきたように、比較的に自由に選択できたこともその証かと思います。
勉強もそれぞれの性格や性質にあった方法や生活リズムがあるので、何でも試して自分に合うもの探していきましょう!
また、今の働き方に疑問を感じている若手の方も他の選択肢を探してみましょう。実際に転職しなくても新しい感覚が芽生えるかもしれません。至極当たり前のことではありますが、何もしなければ基本的には何も変わりませんので些細なことでもまずは試してみるのが一番大事なことだと思います。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら