三井謙(みついけん) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人

監査部門

マネージャー

三井 謙 みつい けん

柔軟性を強みに「潤滑油」としての役割を担う
チャレンジャータイプ
チャレンジャータイプ

30代
山梨県出身 ・ 東京都在住
中央大学経済学部 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

自身の強みと言えるほど1つのことを探求してはいないですが…
監査法人という外側から見る立場と上場企業の管理部門という内側から見る立場の両側面からの仕事をしてきた点、多種多様な業種や事業の監査・経理・予算策定をしてきた点、現職でも新規クライアントを比較的多く担当している点からも非常に働き方に“柔軟性“があることが強みだと思っています。
新卒採用の就職活動ではよく耳にすると言われる「自分をモノに例えると何ですか?」という面接官の問いに対して「潤滑油」という頻繁に例として挙げられる学生の回答ですが、私こそが本物の“潤滑油”だと思います(笑)。
特に、現職では自身が所属する会社の「上司」「部下」、そしてクライアント側の「経理担当者」「担当者の上司」とすべての立場の方と直接やりとりすることが日常です。新規の仕事では、それぞれの立場での希望や意見もあり、関係を構築していくのは自身であり円滑に仕事をしていくために、「潤滑油」としての役割を担っています。言ってしまえば究極の中間管理職です。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

監査法人で2年次の時に、初年度監査のクライアントで内部統制の監査調書を作成した際にレビューメモが1つの調書に対して36個もついており、その内容をボロクソに言われていたことです。指摘されていた内容については、今思うと当然のことであり、自身がいかに監査・内部統制・経理…そして、会社の事業について理解していないのかを痛感した出来事でした。当時の先輩達の助けもあり無事フォローできたのですが、非常に悔しい思いをしたと同時に会計だけではなく、多種多様な会社の事業自体に興味を持つことになりました。この出来事やその後の事業会社での経験により、自身の知らない業界や珍しい業種に関心を抱くようになったと思います。
また、この経験がきっかけにはなり、今まで趣味も特になかったのですが、職場の同僚や友人達の誘いを積極的に受けるようになり、「未体験」に挑戦することに楽しみを覚えるようになりました。スノーボード・ダーツ・ボードゲーム・テニス・フットサル・ボルダリング・海外旅行…など、社会人になってから初めて手をつけました。そして、これらの経験が話のネタになることが仕事を円滑に進める上で時折役に立っていると思います。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

私自身は監査法人に入社した際には、事業会社で働いた経験どころかアルバイト経験もほとんどゼロに近いまま法定監査に従事していました。クライアント側の人達が何を思い、どういったスケジュールで仕事をしているのかも何もわかっていなかったかと思います。社会人として2年が過ぎたあたりでふと自身はどういうキャリアを歩んでいきたいのかを考えた際に1つの考え方が生じました。
当時の私は、監査人とはスポーツで言うと審判のような存在で、事業会社で働く人達がプレイヤーのように感じていました。
該当のスポーツをろくにプレイしたこともないのにそのままプロの審判になるというのは、あり得ないことではないがやはり競技自体を経験した方がプレイヤーの気持ちもわかるし、良い経験になるのではないかと考えるようになっていました。
私は、好奇心が非常に強く、それでいて1つのことにずっと集中していることのできない性格です。そのため事業会社で働くことに興味を抱いてからは、このまま今の監査法人でずっと働いていくことはできないと考えるようになりました。
そこから監査法人を退職した後は、事業会社で幸いにも自身が経験したいと思っていた業務の大半には関与できました。
明確な回答を出せたわけではないのですが、今は立場など関係なく充実した良い仕事ができるような気がしています。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら