池田勉(いけだつとむ) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人/赤坂税理士法人/株式会社赤坂国際会計

パートナー

池田 勉 いけだ つとむ

Decent Work and Economic Growth(働きがいのある人間らしい仕事の推進、持続的な経済成長)に向けて監査×税務×アドバイザリーサービスをシームレスに展開
冒険家タイプ
冒険家タイプ

40代
山形県出身 ・ 東京都在住
関西大学商学部 卒業

7人生の目的と公認会計士という資格

感謝

自分が亡くなった時に、クライアント、従業員及び家族が感謝してくれることが人生の目的と考えています。よりたくさんのクライアント、従業員が「池田さんありがとう」と感謝してくれて、家族も「ありがとう」と感謝してくれる状況を望んでいます。そのゴールに対して、会計士という資格は必ずしも必要ないと考えていますが、やはり持続的な経済成長を、市場の側面及び企業の側面から支えて、より多くのクライアントに感謝されるための入口としては、監査又は税務というサービスが必要であり、当該サービスを行っていくためには会計士・税理士という資格が必要だと考えています。クライアントの要求は三段階に分かれていると考えています。一つは「How」であり、税務申告のように毎年いくらで申告書を提出するか等定型化されている業務に関して、価格面及び時間面しか考慮要素がない場合はHowに該当します。次に「What」であり、財務デューデリジェンス等がこれに該当し、金融機関及び他の役員から求められたのでやってほしい等があります。但し、個別具体的に「やること」が必ずしも明確にされていない場合のクライアントの要求は「What」であり、何をやってくれるのかという部分、その内容についてより差別化を図りサービスを提供していくという部分がポイントになると考えています。最後に「Why」の要求があります。会社の何かを変革していくという部分がWhyの要求であり、人事制度、経理の制度改革等が考えられます。クライアントも何故やるのか等が不明であるものの、何かを変えないといけないという要求があり、何故、何を、どのように変えるのかということに関してクライアント側も個々人により求めていることが異なるケースが多く考えられます。How→What→Whyの順で単価も高くなるし、やりがい及び期待もあがってくるため、より上位の高い単価の業務をやりたいと考えている会計士等が多いと思っています。会計士・税理士の資格を有している場合には、Howからクライアントと接点を持ち、次にWhat、Whyとより上位のクライアントの要求に対応できるのが強みだと考えています。このことから、監査及び税務の業務に関しても、What及びWhyというのをより意識して、業務に関わりクライアントとの対話を十分に行うように気をつけています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

他監査法人含めて、HP等では働きやすい環境整備を行っている旨の記載があるものの、大手監査法人等ではメンタルヘルス等の問題を抱えている従業員が一定程度いらっしゃるように聞いています。赤坂有限責任監査法人グループは「Decent Work」(より働きがいのある職場)を整備しつつクライアントから選ばれ続けるグループになりたいと考えています。特にクライアント、従業員及び社会の共通利益を図りミドルサイズのファームとして規模含めて成長していきたいと考えています。一方、弊社の課題の一つである、教育研修の充実に関して、自ら職員に対して研修を開催し、職員の成長につなげたいと思っています。
プライベートでは、2020年度はコロナ禍の影響もあり、まったく参加できていなかったのですがトライアスロンに再度出場したいです。2015年前後はマイナー大会では入賞等もできておりましたが、病気の影響もあり最近遠ざかっているので再びトライアスロンに出場し、あわよくば入賞等したいと思っています。同様にフルマラソン、トレイルランニング、ロードバイクついても再開したいと思っています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

私は当グループの採用担当として、年間200名以上の方の履歴書及び100名程度の方と面接をさせて頂いております。会計士の方と面談をしていて感じることは、手段と目的を勘違いされている方が多いと感じます。よく聞く独立したい等は本来的には何かを達成する手段であるにも関わらず、独立自体がゴールとなり、その場合の達成したい目的についてはあまり深く考えられていないケースが多いと思います。キャリアを模索されている会計士の方が多いとは思いますが、自分がもっとも心地いい状況が何なのか、やりたいことは何なのかを深く考えたうえで、自分の得意なことや不得意なこと、逆にやりたくないこと等を定義することが必要ではないかなと考えています。例えば、年収いくら欲しい、やりたくないことは何かについて定義するだけで、かなり選択肢は絞れてくるのではないかなと考えています。かなりの人数の会計士の方と面談含めて行っていますので、何か悩まれているようであれば、当グループ(info@akasaka-audit.or.jp)にご連絡を頂ければと思っています。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら