池田勉(いけだつとむ) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人/赤坂税理士法人/株式会社赤坂国際会計

パートナー

池田 勉 いけだ つとむ

Decent Work and Economic Growth(働きがいのある人間らしい仕事の推進、持続的な経済成長)に向けて監査×税務×アドバイザリーサービスをシームレスに展開
冒険家タイプ
冒険家タイプ

40代
山形県出身 ・ 東京都在住
関西大学商学部 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

知的好奇心が強く、色々な業務の経験があること及びコミュニケーション能力については相対的に他の人よりも高いと考えています。前職でも色々な経験をさせてもらい、独立後も当該業務の延長線上での経験が生きていると思います。このため、現状も自分の軸足を決めることなく、監査業務、税務業務、アドバイザリー業務と幅広く展開できている部分に活かされていると考えています。今後は自分自身ではなく、弊社のスタッフ全員が業務の垣根なくチャレンジしていくような職場環境を整備してあげたいと考えています。特に会計士が会計監査する際に、税務及びアドバイザリーの知識も必要な一方で、現状は大手監査法人では転籍しないと経験ができない等の状況もあると思いますが、弊社であれば同時に経験できる部分は強みだと考えています。また、税理士も、税金科目の監査等を通じて色々経験ができると思うので、監査・税務・アドバイザリーサービスの垣根ない職場環境を整備し、各スタッフの強みを伸ばしていけるような環境を整備したいと考えています。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

事業再生の案件で、弊社がフィナンシャルアドバイザーとして関与した案件については強く印象に残っています。ある小売業の会社が借入過多で事業継続が困難ということで、金融機関から事業スポンサーの募集のサポートを行って欲しいという依頼があり、弊社がFAとしてスポンサー候補を何社か募り、入札形式で1社内定しました。しかしながら、対象会社の粉飾がその後判明し、開示資料に誤りがみつかったため、内定していたスポンサーからお断りのご連絡を頂きました。当該お断りの連絡から2週間後には買掛金等の債務弁済が困難な状況に陥ることから、破産せざるを得ない状況となり、スポンサーとの再交渉の結果、何とかサポートして頂き事業譲渡等が行われ、事業継続が可能となりました。特に従業員等が約500名を超えるような会社であり、何とか雇用の継続を守り、役員及び従業員からも感謝されたことがエピソードとしてあります。企業のドクターとして事業の再生に関与でき、雇用等を守れたことは思い出として残っています。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

特に深く悩んだことはありませんが、困難な仕事にあたったときに、自らその状況を打開するように行動してきたと思っています。よくクライアントに関して、チームの中で、「神対応」とか「塩対応」とか監査クライアントをわけるケースがあると聞きます。それは会計士として、受動的にしか行動していないこと、自らの能力が低いことを周りに言う行為でしかないと考えています。プロフェッショナルであるまえにビジネスパーソンであれば、自らの能動的な行為により、クライアントとの溝を埋めたうえでスムーズな業務を行えるようにすることが主体性を持った行動であり、自ら能動的にクライアントを巻き込み、影響を与えることが可能だと思っています。このような考え方は窮地に立った時こそ真価が発揮できると思っています。よって、いま悩んでいらっしゃる方は、これはピンチではなくチャンスだと思って窮地を乗り越えて頂きたいと思っています。本当にピンチの裏にはチャンスありだと思っています。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら