黒崎知岳(くろさきともたけ) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

赤坂有限責任監査法人/株式会社赤坂国際会計

パートナー/代表取締役

黒崎 知岳 くろさき ともたけ

公認会計士という資格は人生で経済的自由を得るための保険であり、可能性は無限である
リーダータイプ
リーダータイプ

40代
群馬県出身 ・ 東京都在住
早稲田大学政治経済学部経済学科 卒業

4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

当社のクライアントには、プライベートエクイティファンド、不動産投資ファンドやM&Aを嗜好する事業会社が多くおります。私はファンドでの投資・管理業務をしていたこともあり、投資するサイドの立場でもいろいろとアドバイスできることもあるのが自身の強みであると考えています。投資時のバリュエーションや財務・税務デュー・デリジェンスだけでなく、ストラクチャリングや投資条件のコンサルティングなども行います。投資後のオペレーションの構築や改善についてのコンサルティングもしており、常駐でスタッフを派遣してお手伝いすることもあります。また、Exit時のバリュエーションや売却先選定の相談を受けることもあります。このように投資するサイドの目線で入口から出口までを網羅的にフォローできているのではと考えています。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

既存のクライアントから業務の実績を評価していただき、他の会社をご紹介していただいた時や、初めてのクライアントがリピートして業務を依頼してくれた時がとてもやりがいを感じます。今までやってきたことをクライアントが評価してくれたと率直に感じられてとてもうれしくなります。
また、以前の職場の同僚や友人たちが、世代的にそれぞれの会社で活躍して決裁権限を持つようなポジションに就くようになりました。そうした方たちから仕事の依頼を頂くことも多くなりました。彼らが私に仕事を依頼してくれるということは、自分の所属する会社に対して私を紹介した責任を負うことになります。そういう彼らの責任や思いに応えながら、満足して頂ける水準で仕事を完了して、評価いただいた時も、この仕事をやっていてよかったなと思います。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

当初、公認会計士として現場で働いていた時は、数字の検証や会計基準を読み込んで会計処理が合っているかどうかという観点での仕事が多かったと思います。会社の商流やビジネス環境を経営者にヒアリングすることもありましたが、いまいちピンと来ないものがありました。しかしながら、ファンドでの投資家目線や現在の監査法人でマネジメントを経験していく中で、いかに会社や事業としてお金を稼ぐことが重要で難しいかを知ることができました。そういった経験を積むことで、クライアントの経営陣からお聞かせ頂く話にリアリティが感じられるようになってきました。営業に行った先の社長さんに「あなたの事務所はどのように儲けているのですか?」ということを率直に聞かれることがありました。まさにこれが経営者目線で、重要なことなのだと感じています。会社は利益を出すことを目指すのは当然ですが、これを肌感覚として感じるのは全く別のことだと思います。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら