服部峻介(はっとりしゅんすけ) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

税務相談、経営相談、ベンチャー出資、ジム・カフェ経営といった事業を展開。仕事をするとはかっこよく生きること

服部 峻介

はっとり しゅんすけ

生年月日
1983年6月23日(35歳)
所属企業
Seven Rich会計事務所 他
所属部署
役職
代表取締役社長
最終学歴
北海道大学 経済学部経営学科 卒業
出身地
北海道
現住所
東京都
1キャリアサマリー
2005年
公認会計士試験2次試験合格
2006年
監査法人トーマツ入所国内監査部門所属
情報サービス産業、製造業、半導体商社等上場会社を中心とした法定監査に従事。また、IT系企業を中心にIPO支援、内部統制支援(J-SOX)や短期調査等のFAS業務等の案件に数多く従事
2010年
トーマツ退職・会計コンサルティング会社取締役就任
ホールディングス型上場会社の会計業務・J-SOX支援を中心に、不正調査、M&A、IFRSのインパクト調査等に従事
2011年
株式会社Seven Rich Accounting・Seven Rich会計事務所設立
20代の経営者を中心とした中小企業に対して、会社設立、資金調達、事業計画の策定、節税コンサル、決算書・確定申告書作成を実施。さらにはクライアントの将来設計や健康まで一歩踏み込んだサービスを展開
目の前の困った人を助けられる、かっこいい自分であり続けたい。その想いを胸に会計事務所を創業。既存の会計事務所の枠を超えて、VC(ベンチャーキャピタル)を超えて唯一無二の Seven Rich経済圏をつくる専門家として活躍する。

性格診断テストで発見!
この会計士のタイプは?

プロデューサータイプ
内向的
臨機応変型
大局タイプ
個人主義
伝統型
外向的
計画管理型
こだわりタイプ
集団主義
革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
強い集中力を持ち、まっすぐに仕事と向き合うことができる。
また協調性があるため周囲と力をあわせ物事を進めることが得意。
相手の意見を尊重するため、新しい考えを肯定的に受け止めたり、好奇心を持って人の話に耳を傾けたりすることができる。
自己主張は決して強くないため、積極的に他者とコミュニケーションをとることは少ない。
冷静に状況を分析して、場に即した適切な言動をとることができる。
このタイプの会計士は回答者全体で、
1.2%います。
2監査法人における経験およびその後のキャリア選択のきっかけ

大学卒業と同時にトーマツに入所。一番厳しくて尊敬する先輩に言われるがままに、その当時一番厳しくて成長できる可能性が高いと言われていたトーマツのみにエントリーした。そもそも就活もしなかったためどの部署がいいかもわからず、内心はベンチャー支援の部門もいいなと思いつつも、なんとなく国内監査という話を面接でしてしまったためか、国内監査部門へ配属となる。担当クライアントには部署の花形と呼ばれるクライアントは1つもなく、業界的には普通の感じのクライアントを満遍なく担当する。

1年目は誰よりも頑張ろうと心に決め、チームにとって貢献できること、翌年度以降のことも考えて仕事をしていたため、同期内でトップレベルの評価を受ける。その後の2年目は1年目の延長で過ごしてしまったため、成長実感はなかった。また、担当しているクライアントに種々の問題が発生し、監査契約が解消となる出来事があった。その際に監査法人のできることはクライアントが望む一部分にしか過ぎないと感じたことも、今のクライアントに一歩踏み込む仕事をするという発想につながっていると感じる。その後も監査を引き続き行って普通のキャリアを経験したものの、自分の性格的にどこの監査チームの上司からも満遍なく好かれるということもなかった。「自分が監査をやらなくてもいいのでは」という気持ちが強くなったが、それがキャリア選択の直接のきっかけではない。

色々書いてきたが、シンプルに自分に問い続けてキャリアを選んだ。

「将来どんな自分でありたいか?」と考え続けた結果、
「かっこいい自分でありたい」という強い想いに気づいた。

「かっこいいってどういうことだろう?」と考えた結果、
「かっこ悪くない自分でありたい」のだと思った。

「かっこ悪くないというのが一体何か?」と考えた結果、
「目の前に困っている人がいたら見て見ぬふりをせず、助けてあげられること」であることが明確になった。

力になりたい対象は、大企業ではない。また、範囲を制限することなく、何でも力になりたかった。その結果、“会計事務所を軸にしつつ、他にもいろんな事業をやる”ということを決意した。

3今現在の仕事の内容、特徴、キャリアパス

2011年7月に独立して、会計税務を中心としたSevenRich会計事務所と、コンサルを中心とした株式会社SevenRichAccountingを創業した。仕事の内容は、どの会計事務所よりも正攻法な仕事を提供している。お客さんを確保しやすくするために何かに特化することはしない。一般的な会計事務所が提供する業務はほぼ網羅している。

弁護士・社労士も抱え、士業のワンストップ的な業務も当然すべて網羅している。クライアントにとって必要だと思われる資金調達、助成金・補助金、バックオフィスのアウトソーシングも展開。さらには、自身もエンジェル投資家として十数社に出資するとともに、マーケティングチーム、営業チームも抱え、クライアント・出資先のグロースの支援を会計事務所の枠を超えて行っており、VCができないポジションを確立した。

他にも経営者の健康のために、パーソナルジムの展開や管理栄養士を通じた栄養指導といったところまでカバーしている。『パンとエスプレッソと自由形』、『なんとかプレッソ』というカフェ+パン屋も経営している。

唯一無二のポジションをやっと確立したと思っているし、周りからすごいことをやっているように思われているが、“当たり前のことを当たり前にやり続ける”、“未来のための仕事をする”、“普通の人が結果を出せる組織にする“ということを考えている会社である。

1 2 3