森本雄大(もりもとまさひろ) | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

様々な人と知り合うことができる環境を無駄にせず精一杯吸収していくことを心がける

森本 雄大

もりもと まさひろ

生年月日
1993年7月26日(25歳)
所属企業
有限責任 あずさ監査法人
所属部署
第2事業部
役職
スタッフ
最終学歴
同志社大学 経済学部経済学科 卒業
出身地
大阪府
現住所
東京都
1キャリアサマリー
2014年
公認会計士試験合格後、有限責任 あずさ監査法人にて非常勤勤務開始
2016年
有限責任 あずさ監査法人に入社し、第2事業部において製造業のIFRS監査業務、IPO支援業務(AI、広告業、治験、物流等)及び一般上場監査業務(ゲーム、小売)に従事
2018年
インチャージ業務を経験

産まれてから大学を卒業するまでの間、大阪にずっと住んでいましたが、人生で一度は東京での生活、仕事を経験したいという思いが大学に入ってから強くなり、東京に出てくることにしました。
この選択は今思えば本当に正解だったと思えます。
今では標準語と関西弁の二刀流になりました。

性格診断テストで発見!
この会計士のタイプは?

開拓者タイプ
内向的
臨機応変型
大局タイプ
個人主義
伝統型
外向的
計画管理型
こだわりタイプ
集団主義
革新型
  • 30
  • 20
  • 10
  • 0
  • 10
  • 20
  • 30
活動的でエネルギッシュ。
そして勤勉であるため、仕事に対して真面目に積極性を持って取り組むことができる。
また知的好奇心があり心に壁を作らない傾向にあるため、他人の意見や新しい考えを柔軟に取り入れることができる。
状況に対して過敏にならずストレスをうまく対処することができるが、自分のペースを重んじるため、場合によっては協調性がないと受け止められることも。
上昇志向があるため挑戦することをいとわない。
このタイプの会計士は回答者全体で、
3.7%います。
2監査法人に入社することを選択したきっかけ

中学3年生の職業体験で、とある証券会社を訪問する機会があり、そこで株式市場に関する話、取引所に関する話や証券会社の話を聞き、その中で登場したプレーヤーとしての監査法人に興味を持ったことが、高校時代に公認会計士を志望した理由です。当初より、最初の就職先は監査法人とすることを決めていました。将来の目標は経営面のすべてを自ら実行する能力を身に付け、自分の地元の創生ができる人材になることです。そのためには上場企業の監査や、IPO支援を通じて様々な企業の実態を見て学び、それぞれの企業のビジョンや目標等を学ぶことが必要であると考えたため監査法人に入りました。就職活動で様々な先輩方から話を聞く中で、あずさ監査法人は、お話しする方々それぞれ目標が違っても全員が意志を持って働いている姿に魅力を感じ、ここに入りたいと思いました。第2事業部を選択した理由は、IPO支援業務に深く携わるためです。

3監査法人での仕事の内容、特徴、キャリアパス

現在、あずさ監査法人の第2事業部に属しています。あずさ監査法人は金融事業部、第1事業部から第6事業部など様々な事業部があり、基本的に国内の上場会社の監査業務が母体となっていますが、それぞれの事業部がさらに特有の特徴をもっています。第2事業部はIPO支援業務が集中している事業部です。
現在の私の業務割合は、国内上場企業の監査を3社、IPOを目指す企業の支援業務を4社、投資事業有限責任組合監査を1社、その他会社法監査を1社という状況です。
あずさ監査法人では10年育成の方針を採っています。現在の私のようなスタッフ年次では業務内容を絞らずに一般上場会社の監査、IPO支援業務、財務デューデリジェンス業務等々、様々な業務内容を経験することができ、年次を経るにつれて、専門業務に注力できるようになっていきます。
IPO支援業務で私が特に学んだ点は、たくさんありますが、一番は「専門家としての責任」であると考えています。IPOを目指すクライアントの経理の方々からの、公認会計士としての信頼の大きさを強く実感しました。そのため私は普段から監査業務で上場会社に伺う際にも、必ず自分の担当となる分野の会社担当者のことをイメージしながら仕事をしています。長く会計の分野で活躍されてきた方々にも信頼され、対等に仕事がしたいと思うからです。資料をいただいてそれらをもとに業務を行う際にも、相手のことを考えながら、その方が作っている資料であることを意識して仕事をするようにしています。
また、IPO支援業務を提供する企業は当然、急成長段階にあることから、各年の変化が激しい企業が多く、その企業に携わらなければ経験できないような事象が発生することがあることもIPO支援業務ならではの魅力であると感じています。

1 2 3