金森俊亮(かなもりしゅんすけ) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任 あずさ監査法人

東京第1事業部

アシスタントマネジャー

金森 俊亮 かなもり しゅんすけ

たくさんの失敗を経験し、それを次に活かしていくことが大切
起業家タイプ
起業家タイプ

30代
東京都出身 ・ 東京都在住
大学卒

この会計士が働く
監査法人を詳しくみる
7人生の目的と公認会計士という資格

人生の目的

私の人生の目的は、人に影響を与えることです。キャリアサマリーにも書きましたが、大学入学当初は教師を目指していました。それは、高校の教師に影響を受けて人生とは何か、やりたいことは何か等色々と考えさせてもらえたからです。また、それ以外にも様々な魅力的な人と出会って、私の人生に影響を与えてくれています。
そんな中で、私自身も他の人に影響を与えていける人間になりたいと思っています。

公認会計士という資格

公認会計士という資格は、様々なビジネスを見ることができたり、上級職の方と若いころからディスカッションさせてもらえたりというメリットがあります。ここで蓄積されたノウハウは、他の職では中々得ることができません。
それらの蓄積を使って、今度は、他の人に分かりやすく伝達をしていくことで、新しい発見をしてもらったり、人生の意思決定に影響を及ぼすことができたりしたら、嬉しいなと思います。
特に、何年か経って、あの時の金森の話で、今の自分があります。なんて言ってもらえたら最高だと思います。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

近い将来成し遂げたい夢

書籍の執筆はやってみたいと思っています。また、小・中学生に対してお金をはじめとした会計に関する知識の授業で講師もやってみたいと思います。

きっかけ・理由

人に教えるというのが、予備校時代から好きでした。難しいことをいかにかみ砕いて伝えることができるかを考えることが好きです。
また、補修所の課題論文でも担当講師からは、切り口が独特で面白い論文を書いているとほめてもらったことがあります。
これらの経験を生かせる場として書籍執筆は面白そうだなと思います。
また、人に影響を与える人になりたいということで、小中学性の早い段階から、日本の学校ではあまり扱ってこないお金の勉強というものを浸透させていきたいと思っています。お金の在り方、投資の在り方について今後、変わっていくと思いますので、それを伝えていければと思います。
将来的には、大学で講師みたいなこともやれたらいいなと考えています。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

たくさんの失敗を経験し、それを次に活かしていくことが大切だと考えています。これは、何かを成し遂げる際に非常に重要なことだと思っています。
私自身も大学受験は、高校生の時に全然勉強してこなかったことから、失敗をしています。しかし、浪人生となって、なぜ勉強をしてこなかったのか考えたり、自分自身がどういう勉強スタイルであると記憶できるのかといったことを試行錯誤したりしながら、勉強していくことで、自身のスタイルを確立できました。それは会計士試験にも活きていたと思います。
また、監査法人に入ってからも、失敗をしてきました。しかし、その都度、何が悪かったかを振り返り、次の業務に活かしていくことを繰り返しています。
まずは、自分自身が過去に何を失敗したかを書き出してみるといいのではないでしょうか。その時に失敗した原因であったり、心境だったりを併せて書き出してみるといいと思います。
私自身もよく書き出して可視化することで、次のアクションを決めますし、後から振り返る際にも書いておくのを読み返すことは勉強になります。

1 2 3
この会計士が働く
監査法人を詳しくみる