金森俊亮(かなもりしゅんすけ) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任 あずさ監査法人

東京第1事業部

アシスタントマネジャー

金森 俊亮 かなもり しゅんすけ

たくさんの失敗を経験し、それを次に活かしていくことが大切
起業家タイプ
起業家タイプ

30代
東京都出身 ・ 東京都在住
大学卒

この会計士が働く
監査法人を詳しくみる
4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

私自身の強み

私自身の強みとしては、人前で臆することなく話せることだと思っています。スタッフ一年目から法人のリクルートプロジェクトにも携わり、会計士協会主催の主要法人が集まる就職説明会や法人の説明会で大人数の前で話す経験を若手の頃からしてきました。そのため、今では、人前で話す際も多少は緊張しますが、全体を見ながら話をすることができていると思います。

今現在の仕事との関係性

上記の経験は、現在の研修講師やアドバイザリー業務の報告会等で活かされていると感じます。
会計士の仕事において最も大切なことは、実際にやったことをクライアントの適切な職位の方に伝達することです。その時に、変に緊張することなく、こちらから伝えたいことをしっかり伝えるのは、簡単なようで難しいことです。これは、場数を踏むことが一番のトレーニングになりますので、若手の内に人前で話すことを経験できたことは大きいです。
また、研修等を依頼されることも多く、難しいことを分かりやすく伝えることが、専門家としての腕の見せどころだと考えています。研修講師をしていると、参加者の方の表情を見て、伝わっているかどうかで話す内容を変える必要もあります。この時に、落ち着いて全体像を見ることは非常に大事です。
公認会計士として生きていくには、人前で話すことからは逃げられないと考えていますので、この強みはどんどん磨いていかなければいけないと思います。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

主査としてクライアントと対峙するようになると、クライアントから色々な相談をうけるようになります。その中で多いのは会計基準についての質問です。その際には、会計士講座で習った会計基準の設定背景や処理について説明をします。ただ、クライアントの経理の方は必ずしも望んで経理をやっていない方も多く、簿記に関して知識がないこともザラです。会計士講座に入ると当たり前のように習う、資産除去債務や減損等は、世間一般の人にとっては、まったく良く分からないものです。
そういった方達に対して、どのように説明すれば伝わるか?簿記の基礎がない方に対して、身近な事例で分かってもらえるような事例がないかを考えるのは、自身の視野も広くなりますし、面白みを感じます。また、考えた事例等を用いて丁寧に説明したりして分かってもらえた時は、更なる面白みを感じます。
また、クライアント向けに会計基準の研修講師をやったりすることもあります。そういった場合、アンケート結果をもらいますが、「分かった」と回答してくれるのが多かった際には、面白みを感じます。
そういったことを続けていくと、来年以降も金森が担当してくれるのかという風にクライアントに言ってもらったこともあります。そうなると、この仕事の最大の面白さを感じられますね。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと

監査は、ここ数年の会計不祥事により、業務は増えていく一方で、働き方改革による業務時間の効率化を求められているという状況になっています。また、アドバイザリー業務も同時並行で実施していることから、より時間の効率性が求められています。
ひと昔前の自分は時間をかけて何とかやりきるというスタイルで仕事をしていましたが、現在では、それが非常に難しく、どのように時間を使っていくのかに関して、非常に悩みました。

乗り越えられたエピソード

まだ、乗り越えられているかは分かりませんが、計画立案の大切さを学びました。監査論でも学ぶと思いますが、計画を立て、さらに修正できるように余裕をもって業務を行うことは非常に大切です。
そのためには、事前に作業の洗い出しや分担振りについても意識して、一番効率的な方法を考えることが大切です。
これはアドバイザリーでも非常に重要で、計画で業務の半分以上は終わっているといっても過言ではないと思います。
監査法人でも計画の大切さはマネジメントメッセージとして流されていますし、私自身もプロジェクトマネジメント等の本を読むことで、色々な手法を試しています。

1 2 3
この会計士が働く
監査法人を詳しくみる