金野綾子(かねのあやこ) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任監査法人トーマツ

監査・保証事業本部 パブリックセクター・ヘルスケア事業部

マネジャー

金野 綾子 かねの あやこ

人生の目標と会計士としての自分が重なるとスローペースでも前向きにキャリアを積むことを考えられる
先生タイプ
先生タイプ

30代
兵庫県出身 ・ 東京都在住
大阪大学 法学部 卒業

この会計士が働く
監査法人を詳しくみる
4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

私の強みは、大学時代にアイスホッケー部のマネージャーとして鍛えられた根性くらいですが、子育てしながらの監査繁忙期など、気力と体力が必要な場面ではそれが活かされています。担当した仕事を責任もってやり抜くことは、当然といえば当然ですが、一つ一つの仕事の積み重ねが信頼につながると信じて、忙しくても手を抜かないように気を付けています。
 また、教育分野において国立大学、私立大学両方の監査経験があることは強みだと思っています。国立と私立では制度も会計基準も異なるため、両者に精通しアドバイスできる人材は多くないので、自分がそうなれるように専門性を磨いていきたいと思っています。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

スタッフ2、3年目の頃、あるクライアントで内部統制の不備を見つけました。支店の収入プロセスの内部統制が適切に整備されておらず、そのままでは、売上金が誰かのポケットに入っても気が付かない状況でした。現場のマンパワーの問題もあり、担当責任者は当初乗り気ではなかったのですが、リスクを説明し、限られた人員・設備の中でどのような対応策が考えられるかを一生懸命検討しました。最終的には、担当責任者のリードで適切な内部統制が整備され、担当責任者からは感謝の言葉を頂きました。その時、はっとしたのを今でも覚えています。それまで、目の前の担当者との関係でしか仕事をしておらず、何もなく終わればほっとされ、指摘をすれば嫌がられる、監査は感謝されない仕事だと思っていたからです。クライアントにとって有用な提案ができれば、厳しい意見でも耳を傾けて頂けるし、感謝されることもあると実感した出来事でした。
それからは、監査業務でもクライアントにいかに付加価値を提供できるか意識するようになり、指摘事項を発見しても「ピンチはチャンス」と以前より自信をもって対応できるようになりました。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

長女出産後、一年間の育休を経て復帰しました。それからは各種の人事制度を使って基本的に残業しない働き方をしています。往査場所も考慮して頂き、家から30分で通えるジョブが中心です。それでも、主査を担当し始めた時期と重なったこともあり、しばらくはいっぱいいっぱいでした。チームメンバーにも家族にも負担をかけている気後れから、キャリアについて真剣に悩んだ時期がありました。自分は何を目指して働くのか、会計士として何を成し遂げたいのか…。上司にも家族にも、私のやりたいことを応援すると言われ、結局自分はどうしたいのか、ますます悩む日々でした。そのような中で、教育分野の仕事に関わらせて頂いたことをきっかけに、先に書いたような目標が少しずつ見えてきました。そして、スローペースでいいから自分が成長できる仕事をやっていこうと前を向くことができました。悶々と悩み、消極的な発言を連発する私を見守り、何度も相談にのってくださった上司や同僚には心から感謝しています。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら
この会計士が働く
監査法人を詳しくみる