細井陽(ほそいみなみ) | ページ 3 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任監査法人トーマツ

リスクアドバイザリー事業本部

マネジャー

細井 陽 ほそい みなみ

M&Aの分野を軸として、多くの企業の経営判断に貢献
事務次官タイプ
事務次官タイプ

30代
東京都出身 ・ 東京都在住
慶應義塾大学 経済学部 卒業

この会計士が働く
監査法人を詳しくみる
7人生の目的と公認会計士という資格

人生の目的

人生の目的の中で仕事について言えば「常に、自分の満足のいく仕事をすること」です。そうすることで、自分や周りの幸せ、社会貢献などは自然と付いてくると思っています。
では、満足のいく仕事がどのようなものかと言えば、自分がその仕事にやりがいを感じ熱中することができて、そして成果に繋がるものと、今は思っています。
熱中できる仕事・やりがいを感じる仕事・成果の出せる仕事は、人によって様々で、また自分の中でも一つではありません。
現在の、財務・会計の中でのM&Aの分野で活躍できる仕事は、私にとってこだわりを持ち、熱中することができる仕事です。そして、チームメンバー、クライアントと一つの目標に向けて皆が必死になり、その目標を達成した時にはメンバー間に共通の達成感と信頼が生まれます。そのようなことから、少なからず満足のいく仕事はできていると感じています。

公認会計士という資格

公認会計士という資格は、今の業務に必須という訳ではありませんが、強力な基盤となっています。

8これから成し遂げたい事、将来の夢

近い将来で成し遂げたい事は、まずはM&Aの分野で、「より専門性を高める」こと、そして「幅広い分野で活躍できる」ようになることです。

より専門性を高める

まず、専ら中心業務であるFDDやバリュエーション業務の知識・経験について一層掘り下げていきたいと思っています。
理由は、今の業務は知識も実務も掘り下げれば掘り下げるほど、論点が多く面白いこと、また、企業の大きな転機・経営判断に関わることができ、やりがいを感じるためです。更に、クライアントやそのM&A対象先と関わり合い、自然と多くの業界のビジネスモデルを理解することとなり、自身の経験値も着実に増していきます。

幅広い分野で活躍できる

こちらについては、まだ自分が経験不足と感じている、投資マネジメントの前工程業務や、後工程の業務にもっと挑戦していきたいと思っています。
理由は、投資全体の理解を深めることで、よりクライアントに役立つサービスを提供できますし、クライアントの新たなニーズを開拓することができるためです。また、今の部署にいて、先輩方が様々な業務を開拓し活き活きと仕事をしていることにも魅力を感じています。

さらに、その先には、現在の分野に捉われず、プロフェッショナルとして一層知識・経験を増やし、幅広く活躍できる会計士となっていきたいです。

9キャリアを模索する会計士、会計士受験生へのアドバイス

キャリアを模索する会計士の方へ

会計士という資格は、仕事の幅、更に自分の可能性を広げられる資格だと思います。しかし、資格によって自分の人生が縛られてしまったとしたら本末転倒です。ですので、資格に“こだわる”のでは無く、資格を“活用”して、やりたい事・興味のある事に挑戦できたら良いと思います。
ただし、やりたい事に挑戦するためには当然実力が必要で、そのために忍耐や継続する時期は大事です。今の自分はどういう時期なのか、自分と向き合う時間・自分の意志を確認する時間をちゃんと作って、進路を決めていけたら良いと思います!

会計士受験生の方へ

平均勉強時間は3,000時間と言われているので、一年間コツコツ努力すれば結果は自ずとでます。自分との戦いになると思いますが、頑張って下さい!

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら
この会計士が働く
監査法人を詳しくみる