細井陽(ほそいみなみ) | ページ 2 | 会計士の履歴書 | 活躍する会計士たちの仕事やキャリアを紹介

有限責任監査法人トーマツ

リスクアドバイザリー事業本部

マネジャー

細井 陽 ほそい みなみ

M&Aの分野を軸として、多くの企業の経営判断に貢献
事務次官タイプ
事務次官タイプ

30代
東京都出身 ・ 東京都在住
慶應義塾大学 経済学部 卒業

この会計士が働く
監査法人を詳しくみる
4あなた独自の強みと今現在の仕事との関係性

強みと言えるか分かりませんが、「結果にこだわりを持つこと」や「些細なことに丁寧に対応すること」かと思います。

結果にこだわりを持つ

結果にこだわりを持つとは、ただ要求されたことに対応するだけでなく、プラスαの結果を残そうとすることです。自分たち(チーム)だからできる付加価値が何か、いつも意識して仕事をしています。
具体的には、依頼されたFDDの内容からは必ずしも求められていない論点であったとしても、会計士の視点で気付いた点を助言しています。また、私の所属部署のメンバーは、業界や基準、得意分野がそれぞれあるため、協力し合うことでクライアントに適した助言をすることができます。そういった、私たちだからこそできるプラスαの付加価値を残そうと、いつもこだわりを持って仕事をしています。

些細なことに丁寧に対応する

難しい仕事はもちろんですが、簡単な仕事も一つ一つ丁寧に対応することを心掛けています。そうすることで、クライアントや仲間からの信頼を得ることができますし、新しい仕事の依頼も来ます。些細なことの積み重ねによって、これまで知識・経験を培うことができたと思っています。

5仕事をしている中で、心が大きく動いた瞬間

M&Aが成立した時

今の仕事をしている中で、やりがいや面白味を感じる瞬間の一つはクライアントのM&Aが成立した時です。
M&A業務は、スピード感が求められるため、クライアントと共に私たちや外部の専門家チーム(法務、税務など)も協力し合って業務に当たります。
プロジェクトによっては連日深夜に及ぶこともあり、またクライアントにとってどのような情報が有益か、どうすることでより伝わるか等、一日中考えていることもあり、心身共にプロジェクト一色となるため思い入れは深くなります。
もちろんM&Aはその後が重要ですが、このような理由から、「M&Aが成立した知らせ」を受けた時は、純粋に嬉しい気持ちになります。

6公認会計士という仕事に関連して深く悩んだこと、それをどのように乗り越えたか

悩んだこと

多くの人が通る道だと思いますが、私はトーマツに入社して5年目あたりから、この先将来、監査業務を続けていくか、監査以外の道で財務会計人材として働くか、新しい分野に進むか等、キャリアについて悩みました。

どのように乗り越えたか

(1)自分の意思確認:まず、1人の時間を作って「どういう道に進みたいか」と、自分の中での軸を考えました。その結果、まだ会計士として活躍できる場が多くあると思い、その道で異動・転職を考えました。
(2)説明会に参加:法人内で時々開催されている他部署の説明会に参加しました。魅力を感じた業務、働く姿が何となくイメージできる部署等、色々と発見がありました。
(3)先輩に相談:監査から他の分野に行った先輩に相談し、アドバイスを頂きました。
‐今の仕事を辞めたとしても進路は沢山あること、
‐今の仕事をまたやりたくなったら戻っても良いし、その間の経験も役に立つこと、
‐とりあえず異動してはどうか?異動であれば経歴に悪影響も無いし、異動してみて違うと感じたらその時は転職したら良いこと、
色々なアドバイスを頂き、新しい道に進むことに迷いが無くなりました。
(4)実際に働いている人に話を聞く:リスクアドバイザリー事業本部の方3-4名と会って話を聞きました。具体的に働いてからのイメージが湧き、異動を決めました。
(5)異動決定:2015年11月に異動が叶い、新しく勉強すること・仕事内容が盛り沢山で悩みは消えました。
この先また、将来のキャリアについて悩むことはあると思います。会計士とは関連の薄い分野に進むこともあるかもしれませんが、いつも自分の仕事に誇りを持てるよう、キャリアを積んでいきたいと思います。

1 2 3
会計士が活躍できる企業はこちら
この会計士が働く
監査法人を詳しくみる